グアムはモバイルバッテリー持ち込み禁止?国際線の機内持ち込み制限は?

モバイルバッテリーを海外に持っていく際には、
想像以上に慎重に対応しなければいけません。

モバイルバッテリーやデジカメ、スマホ、パソコンなど
充電できる電子機器にはたいていリチウム電池が使われているんですが、
リチウム電池は飛行機の機内持ち込みが制限されているからです。

一般的にはリチウム電池(リチウムイオン電池)の容量が

  • 100Wh以下 個数制限なしで機内持ち込み可
  • 100Wh~160Wh以下 2個まで機内持ち込み可
  • 160Wh超 機内持ち込み不可

となっているんですが、100Whをモバイルバッテリーでよく見る
「mAh」という単位に変換をするとおよそ27000mAh。

現在販売されているモバイルバッテリーのほとんどは、
27000mAhのモノが主流なので、持ち込み制限はされているけれど事実上、
機内持ち込みに関しては個数制限がありません。

逆に気を付けなければいけないのはモバイルバッテリーなどの
リチウム電池は預け入れ荷物で預けることができないこと。

受託手荷物として預けた後でも、
万が一、リチウム電池が使われたモバイルバッテリーだと判明すると、
スーツケースに鍵をしていてもこじ開けられて没収・廃棄されてしまうので
必ず機内持ち込みするようにしましょう。

グアムのモバイルバッテリー持ち込みは機内手荷物ならOK

モバイルバッテリーではリチウム電池(リチウムイオン電池)が
使われていることが多いです。

リチウム電池が使われているかどうかは、
電池に「??Li-ion」という表記があるかどうかでわかります。

同じサイズのマンガン電池と比べると約10倍の電力量があり、
長寿命で軽量、劣化しても電圧が下がりにくいなどの特徴があります。

モバイルバッテリー以外にもWiFiルーター、デジカメ、ノートパソコンなど、
充電式の電子機器はたいていリチウム電池が使われているものの、
リチウム電池を海外に持っていく場合には、

  • 航空会社ごとのルール
  • 国ごとのルール

の2つの規定をクリアしなければいけません。

では、航空会社ごとのリチウム電池の持ち込みルールは、
微妙に異なる点はあるもののおおむね、
国際民間航空機関(ICAO)の規定に従って、

  • 100Wh以下 個数制限なしで機内持ち込み可
  • 100Wh~160Wh以下 2個まで機内持ち込み可
  • 160Wh超 機内持ち込み不可

となっています。

次にハワイ・グアムを含むアメリカでの
リチウム電池持込みは、

  • 100Wh以下 規定なし(実質持ち込み制限なし)
  • 100Wh~160Wh以下 航空会社の規定に従う
  • 160Wh超 持ち込み不可

といった感じになっています。

現在、日本で販売されているモバイルバッテリーのほとんどは、
100Wh以下(27000mAh以下)なので、
事実上、持ち込み制限されることはありません。

保安検査(手荷物検査)ではとりあえず、他の荷物とは別に、
リチウム電池を使った電子機器を係員に見えるようにトレーに置けば、
問題なく機内持ち込みを認めてもらえます。

ただ気を付けなければいけないのは、
リチウム電池・リチウムイオン電池が使われた電子機器は、
預け入れ荷物(受託手荷物)で預けることはできないことです。

預け入れ荷物にモバイルバッテリーを入れてしまった場合

もしモバイルバッテリーを預け入れ荷物のスーツケースに入れっぱなしで、
預けてしまった場合。

運がよければそのまま渡航先で受け取ることができるのかもしれません。

ただリチウム電池の存在が発覚すると、
スーツケースを破壊するような勢いで無理やりにあけられて、
中からリチウムイオンが取り出され没収・破棄されてしまいます。

たいていの充電式の電子機器にはリチウムイオン電池類が使われているので、
機内に持ち込む手荷物の方に入れておくようにしましょう。

ちなみになぜ預け入れ荷物だとNGなのかというと、
リチウムイオン電池に異常が見られた場合の発見が遅れるためです。

機内に持ち込んでおけば少なくとも、
モバイルバッテリーが発熱したり破裂するようなことが
あってもすぐに気づくことができますね。

航空会社ごとのリチウムイオンバッテリー持ち込み

  • 100Wh以下 個数制限なしで機内持ち込み可
  • 100Wh~160Wh以下 2個まで機内持ち込み可
  • 160Wh超 機内持ち込み不可

というルールを採用しているのは、

  • 日本航空(JAL)
  • 全日本空輸(ANA)
  • ソラシドエア
  • AIRDO
  • スターフライヤー
  • バニラ・エア
  • ピーチ・アビエーション
  • ジェットスター・ジャパン
  • アメリカン航空
  • ユナイテッド航空
  • デルタ航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • エールフランス航空
  • ルフトハンザドイツ航空
  • KLMオランダ航空
  • キャセイパシフィック航空
  • カンタス航空
  • ジェットスター航空
  • バニラ・エアー
  • ピーチ・アビエーション
  • エアアジア
  • スターフライヤー
  • エア・ドゥ
  • スカイマーク
  • アシアナ航空
  • 大韓航空 ※

といったところがあります。

大韓航空に関しては注意が必要で、
100Wh以下も含めた合計の個数が5個までとされているので、
実質的に1人につき5個までの電子機器しか持ち込みができません。

100Wh~160Wh以下のモバイルバッテリーを2個持ち込む場合、
残りは100Wh以下の電子機器を3つしか持ち込めません。

リチウムイオンバッテリー搭載機器の一例

  • WiFiルーター
  • デジカメ
  • ノートパソコン
  • シェーバー
  • ドローン
  • GoPro(1160mAhなど)
  • 任天堂スイッチ(525mAh)
  • iQOSホルダー(120mAh)
  • iQOSチャージャ(2,900mAh)

ちなみにiQOSは普通の紙巻きたばこと同じように
各国ごとに持ち込み制限の対象となっています。

グアムの場合には紙巻きタバコ1,000本もしくは5カートンまでとなっていて、
年齢制限も2018年1月1日からタバコの喫煙は21歳からとなっています。

さらにグアムでは「ナターシャ保護法」という禁煙法によって、
喫煙できる場所が非常に限られていて、指定場所以外で喫煙すると、
100ドルから500ドルの罰金が科せられるので注意が必要です。

モバイルバッテリー容量換算方法(mAh→Wh)

モバイルバッテリーの用量は100Wh以下となる27000mAhが主流なので、
機内持ち込みに関してあまり気にする必要はなさそうです。

念のため、モバイルバッテリー容量「mAh」を「Wh」に
換算方法を紹介すると、

Wh = (mAh × V)/1000

※ワット時定格量 = 定格定量 X 定格電圧

となっています。

リチウムイオン電池の通常定格は3.7Vなので、

  • 5000mAh → 18.5Wh
  • 10000mAh → 37Wh
  • 20000mAh → 74Wh
  • 27000mAh → 約100Wh
  • 30000mAh → 111Wh

といった感じでmAhとWhを換算することができます。

繰り返しになりますが、日本で現在販売されている
モバイルバッテリーの多くは27000mAh以下だし、
ノートパソコンやデジカメ類もたいていは27000mAh以下なので、
機内持ち込みの個数が制限されることはありません。

リチウムイオンバッテリー以外の電池類の持ち込み

リチウムイオン電池以外にもいろんな電池があります。

  • アルカリ電池
  • マンガン電池
  • ニカド電池
  • ニッケル水素電池

などがありますが、これらの電池は持ち込み制限を受けていません。

手荷物として機内持ち込みすることもできるし、
預け入れ荷物で預けることもできます。

ちなみにアルカリ電池の容量はおよそ2000mAh程度です。

機内持ち込みに関してはどちらかというと、
液体類やスプレー類の方に気を付けるようにしましょう。

液体類に関しては合計容量や容器のサイズが決められていて、
上限を超えている場合にはその場で破棄しなければいけません。

スプレー類に関しても身体に吹きかけられるものはOKだけど、
周囲に吹きかける消臭スプレーはNGといった決まりがあるし、
引火性のガスが使われたミストスプレーなども持ち込み禁止になります。

グアム持ち込みにおすすめのモバイルバッテリー

グアムであれば100wh(27000mAh)以下であれば、
持ち込み制限されることはありません。

そこで27000mAh以下を中心におすすめのモバイルバッテリーを紹介していきます。

Anker PowerCore 10000

2018年度Amazonランキング大賞(バッテリー・充電器 部門)のベストセラーNo.1受賞モデル。
クレジットカードとほぼ同じ大きさ、ポケットにも収まるほどコンパクトで、卵3つ分ほどの重さ約180gしかありません。
10000mAh以上のモバイルバッテリーでは、世界最小&最軽量。

RAVPower USB-C 26800mAh

500mlのペットボトルより少し軽い程度の重量で軽量・コンパクト。
30WまでのUSB-Cポートが1つ、5V/2.4AまでのUSBポートが2つ
USB-C規格に対応していれば、スマートフォン、タブレット端末、ノートパソコンまで急速充電
接続されたデバイスを自動的に検知し、最適な電流を送るため、デバイスに応じてわざわざ充電ポートを選ぶ必要がありません。

cheero Power Plus 3 13400mAh

旧型モデルに比べて容量がアップした一方で、サイズは約20%も小さくなりました。
iPhone Plusのほぼ3分の2くらいのコンパクトサイズになっています。
iPhone7なら約4回充電できます。高品質電池を使用しており、安全性が高い
接続した機器を自動で識別して最適な電流で充電するAuto-IC機能を搭載

グアムでスマホ(iphone)は充電器で充電できる?

グアムでスマホ(iphone)やモバイルバッテリーは充電できるのかというと、
かなり高い割合で変圧器などの器具がなくても、
日本で使っている充電アダプターをそのまま使うことができます。

グアムの方が日本よりも電圧が高かったりするものの、
充電アダプターの対応電圧の範囲内の可能性が高いので、
わざわざ変圧器を持っていく必要はなさそうです。

ただヘアドライヤーやコテなどの持っていく器材によっては、
性能が変わることもあるので注意が必要です。

モバイルバッテリーを長持ちさせるには?

モバイルバッテリーは繰り返し使っていくうちにどんどん劣化してしまいます。

一般的に約500回の充電に耐えられると言われているものの、
これは1回の充電を指しているわけではなくて「1回の充電サイクル」をさしています。

充電サイクルとはバッテリーの合計消費が100%に達した時点のことを指していて、
たとえば

  1. 100%充電→40%消費(バッテリー残量60%)
  2. 80%充電 →60%消費(バッテリー残量20%)

といった使い方をした場合に充電サイクルを1回と数えます。

サイクル数が600回を超えたあたりからモバイルバッテリーの劣化が進み、
約800サイクルで電池容量(%)は半分以下になると言われています。

モバイルバッテリーの寿命を長くするためには、
フル充電の状態で長時間放置しないこと。

逆に充電残量が0のまま放置することも劣化の原因になるので、
50%前後をめどに充電・放電を繰り返すようにしたほうが、
実はモバイルバッテリーを長持ちさせることができます。

リチウムイオンバッテリーの危険性を下げるには?

リチウム電池が使われたモバイルバッテリーなどが、
飛行機の持ち込み制限をされるようになったのは、
リチウム電池が原因の飛行機事故が近年になって多発したためです。

2013年1月7日に成田発ボストン着の飛行機が空港で駐機中に電池から発火

平成28年8月22日に新千歳発羽田行き便の飛行中にモバイルバッテリーから煙が発生

といった事件のほか、スマホ GalaxyNote7 の発火事故が世界中で相次いだため、
GalaxyNote7の持ち込みは全面的に禁止となっています。

リチウム電池が発火したり爆発する恐れがあるわけですが、
こうした危険性を下げるためにはまずは高温にさせないこと。

満充電に近い状態で高温環境に放置をすれば、
発火や爆発の危険性が高くなるので気を付けましょう。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする