グアムの酒の持ち込みや飲酒年齢は何歳から?ビーチの飲酒時間は何時から何時まで?

グアムには制限範囲内であれば、
お酒やたばこを持ち込みが認められています。

ただ日本の法律では20歳から飲酒ができるものの、
グアムではお酒を飲める年齢は21歳からとなっているので、
21歳未満の場合にはグアムでの飲酒は控えないといけません。

またグアムではビーチやプールなど
どこでもお酒を飲めるわけじゃなくて、
お酒が飲める場所(エリア)も限られているので、
飲酒可能エリアの外でお酒を飲まないように気を付けましょう。

たいていのレストランやホテルの部屋なら飲酒OKで、
屋外では基本的に飲酒はNGといった感じです。

お酒以外にもグアムと日本ではちょっとした法律の違いがあって、
12歳歳未満の子供をレンタカーに乗せる場合にはチャイルドシートの着用義務があるし、
サンゴを採集したり国外持ち出しも禁止されているので気を付けましょう。

グアムの飲酒年齢は21歳から

深夜便の場合だとほとんどお店が閉まっているし、
24時間営業のスーパーや深夜営業しているレストランでも、
深夜2時を過ぎるとお酒は販売停止になってしまうので、
グアム到着日にお酒を飲みたかったら日本から持ち込む必要があります。

普段飲んでいるビールやワイン、ウィスキーなどを
日本で買っておいてグアムに持って行けば、
ホテルの部屋でお酒を飲むことができます。

※国際線は保安検査で液体類の持ち込みが厳しく制限されているので、
お酒を買うのであれば保安検査場を通過した後の
セーフティーエリアじゃないといけません。

グアムでのお酒の持ち込みには禁止されていないものの、

  • 1人あたり1ガロン(約3.7リットル)未満
  • 年齢は21歳以上

となっています。

500mlの缶ビールであれば7本持ち込みできるし、
350mlの缶ビールなら10本持ち込みができる計算になるので、
十分すぎるくらいじゃないでしょうか。

1人あたり3.7リットルまでのお酒の持ち込みが認められているわけですが、
ただ、21歳以上という条件が設けられているので、
子供の荷物にもお酒も入れてグアムに持ち込んではいけません。

飲酒できる場所もビーチなど公共エリアはNG

日本では花見シーズンに公園でお酒を飲んだり、
プールや海ではお酒を売る売店(海の家)があったりしますが、
グアムでは飲酒できる場所が厳しく制限されています。

基本的に屋外でお酒を飲むことは禁止されているので、

  • ビーチ
  • プール
  • 公共エリア
  • スーパーの中

などなどで飲酒はできません。

屋外でもバーべキューエリアのような場所なら飲酒ができて、
旅行者は基本的にホテルの室内や飲食店の中でのみ
お酒を飲むことができます。

飲酒運転も厳しく罰則されるので要注意

日本と同じくグアムも飲酒運転は法律で禁止されています。

もしレンタカーを借りて飲酒が発覚した場合には、
違反者は48時間拘束されるうえに、$1000から$5000の
罰金が課せられます。

飲酒運転とみなされる範囲もグアムは日本よりも広くて、
車内に開封済みのアルコール類が置いてあるだけでも逮捕されてしまいますし、
ホテルロードや交通量の多い道路など市街地を中心に
良くアルコール検査も行われているようです。

飲酒運転の疑いがある場合

  • 口頭質問
  • 呼気検査
  • 血液検査
  • 1本線の上を歩く歩行テスト

といったことが行われます。

グアムのお酒の販売は深夜2時まで

日本では24時間いつでもお酒を飲むことができるし、
コンビニで買ったビールをお店からで飲むこともできます。

お酒の販売店であれば、お店の中に立ち飲みスペースがある
「角打ち」なんかもありますが、
飲酒に対して日本はかなり法律が緩いほうです。

グアムではお酒の販売時間も制限されていて、
深夜2時を過ぎるとスーパーでもお酒の販売をしなくなるし、
レストランでもお酒の提供が終わってしまいます。

もし深夜便でグアムに到着してその日にお酒を飲みたい場合、
国際線で保安検査を済ませた後、免税店などで
お酒を購入しておく必要があります。

グアムでおすすめのビール

グアムは年間を通じて日本人観光客が何万人も訪れるので、
日本の銘柄の食品や飲み物、お酒の品ぞろえが充実しています。

スーパードライなどのビールが
ABCストアで販売されているものの、
350ml缶で1缶1.50ドルほど(6缶で7~8ドル程度)といった感じで、
日本で買うよりも少し高めな感じです。

それに対して、アメリカ産のビールであれば、
1ドル前半で購入することができます。

バドワイザー、バドライト、ミラーなどは、

  • 1缶……1.3ドル程度
  • 6缶……7ドル程度
  • 12缶……12ドル程度

といった感じで日本のビールよりも安めだし、
味も決して悪くはありません。

ただせっかくグアムに来たのであれば、
グアムの地ビール(クラフトビール)や地元の醸造所で作っている
ウィスキーやラムを飲んでみるのが良いんじゃないでしょうか。

GUAM’S OWNはグアムで蒸溜している
グアムオリジナルのラム&ウィスキーの銘柄で、
種類は全部で4つで20ドル前後で購入できます。

ミナゴフ(MINAGOF)はグアムの地ビールで、

  • ペールエール
  • IPA
  • 黒ビール(スモークドポーター)
  • グリーンティーインディアペールエール(日本茶風味)

といった種類が販売されています。

グアムで気を付けたいその他の罰則

グアムで法律では飲酒に関しては、

  • 年齢は21歳以上
  • 基本的に屋外での飲酒禁止
  • 深夜2時でお酒の販売停止

と定められています。

グアム滞在中はもちろんグアムの法律に従わなければいけないわけですが、
飲酒以外にもグアムの法律で気を付けたい点を挙げると

  • 12歳未満はチャイルドシート必須
  • 家庭内暴力・体罰的しつけ
  • 目的外渡航
  • サンゴの採集・国外持ち出し
  • 運転中のスマホ操作

といった点に気を付けなければいけません。

12歳未満はチャイルドシート必須

日本でもチャイルドシートの設置が義務化されていますが、
グアムは日本よりもチャイルドシートのルールが厳しめです。

日本だと6歳になればチャイルドシートの着用義務はほぼなくなるものの、
グアムでは12歳までは基本的にチャイルドシートが必要になります。

レンタカーを借りる際、12歳未満の子供を連れていたら、
おそらくは係員さんに年齢を確認されると思うので、
チャイルドシートも一緒にレンタルしないといけません。

12歳以上であっても慎重が150cm(4.9フィート)に満たない場合にも、
チャイルドシートに座らないといけません。

家庭内暴力・体罰的しつけ

グアム(アメリカ)ではDVや体罰とみなされる範囲が日本よりも広く、
ちょっとした夫婦喧嘩や子供を叱るだけでもDV・体罰とみなされることがあります。

叱る意味で子供をたたいたりすると問答無用で体罰となり、
警察に通報される可能性があります。

さらに12歳未満の子供だけをホテルの客室に残すのも体罰となるので、
子供が寝ているからといっても部屋に残して出かけてはいけません。

目的外渡航

日本人がヴィザなしでグアムに入国できるのは、
あくまでも観光や短期の商用(商談・セミナー参加)目的に限られます。

グアムでこの範囲を超えた活動、
たとえばTV・映画・雑誌のための撮影等をする場合、には、
日本での米国査証(ヴィザ)の取得が必要になります。

もし査証なしで上記のような活動が発覚した場合、
国外強制退去となるだけじゃなくて、
長期間(5年以上)の米国領土への入国拒否措置が課せられます。

サンゴの採集・国外持ち出し

海中の生きたサンゴだけじゃなくてビーチに転がっているサンゴでも、
拾って持って帰るのは違法になります。

ホテルの部屋に持って帰ってもいけないし、
もちろん、グアムのお土産として日本に持ち込するのも禁止されています。

ちなみに、産後の持ち出しは日本でも沖縄などで禁止されているので、
うっかり違法行為をしてしまわないように気を付けましょう。

運転中のスマホ操作

車の運転中にスマホや携帯電話の操作をするのは違法になります。

日本よりもグアムは法律が厳しめになっていることを考慮すると、
車を停車中であってもスマホを操作したり、
手に取るのもめておいたほうが良いかもしれません。