年賀状は25日何時までにポスト投函すれば元日配達される?25日過ぎたら過ぎたら?

年賀状は宛先欄に「年賀」と記載しておくことで、
年賀状の受付期間内であれば、ポストにいつ投函しても、
翌年の元日(1月1日)に年賀状を届けてくれる
特殊な郵便配達物です。

具体的に何日までにポストに投函すれば良いのかというと、
例年12月25日までとなっています。

では12月25日を過ぎてしまったら年賀状は
元日には届かなくなってしまうのかというと、
郵便局の方で可能な限り対応をしてくれます。

そもそも12月25日までにポストに投函したからと言って、
贈り先に必ず元日に届くことが保障されているわけじゃありませんが
12月25日を多少は過ぎても融通を利かせてくれます。

特に年賀状の送り先が同じ市内だったり、
同じ郵便局の管轄内のように近所・近隣地区であれば、
12月30日にポスト投函しても
元日に年賀状が届くこともあります。

12月31日になるとさすがに元日に届くのは厳しくなるものの、
「速達」扱いにすることで元日に配送してくれます。

年賀状が元日に届くには12月25日までポスト投函

年賀状の受付期間は年によって変わることはなく、
例年決まって、

11月1日~12月25日

となっています。

郵便局では例年11月1日から
お年玉付き年賀はがきが販売開始されるので、
郵便局が年賀状の取り扱いをスタートすると、
いよいよ年末の雰囲気を感じるようになりますよね。

お年玉付き年賀はがきのような官製はがきじゃなくても、
自前で用意した私製ハガキでも宛先欄に「年賀」と書き
年賀状の受付期間内にポスト投函すれば、
翌年の元日(1月1日)に年賀状を配送してもらえます。

年賀状の受付期間である12月25日を過ぎてしまうと、
一応は元日(1月1日)に届くかどうか厳しくなるわけですが、
郵便局の方でも可能な限り対応してもらえます。

年賀状の送り先が近距離なのか遠距離なのかにもよりますが、
12月26日とか12月27日にポスト投函しても、
元日(1月1日)に届くように郵便局で処理してくれる可能性があります。

市内近隣なら12月30日ポスト投函で間に合うかも

年賀状の受付期間である12月25日を過ぎてしまったら、
絶対に年賀状が元日に届かなくなるわけじゃありません。

年賀状の送り先によっては元日に届く可能性が高くなります。

宛先が隣接都道府県の年賀状であれば
12月27日の夕方集荷に間に合うと、
高い確率で元日に届けてもらえます。

たとえば首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県など)であれば、
12月27日にポスト投函すれば、
年賀状が元日に届くだろうと考えられます。

宛先が同一都道府県内の年賀状であれば
12月28日の午前集荷に間に合うと、
高い確率で元日に届けてもらえます。

同じ東京都ないから東京都、埼玉県内から埼玉県内
といった感じで年賀状を送るのであれば、
12月28日でも間に合うと考えられます。

さらに自分の住所と宛先住所の
郵便番号上2ケタが一緒の同じ地域であれば、
12月29日夕方集荷分まで元日配達に間に合わせてくれます。

さらにさらに、管轄している郵便局が一緒、
(歩いて手渡しに行けるくらい近所)の場合には
12月30日午前集荷分までであれば、
元日配達してくれるように手配をしてくれます。

元日配達が保障されているわけではない

「年賀」と印刷されている官製はがき(年賀はがき)を使ったり、
私製ハガキでも「年賀」と書いて、年賀状受け付け期間にポスト投函すれば、
元日配達されるということになっています。

ただ、必ず元日配達してくれるわけではなくて、
年賀状受け付け期間にポスト投函したにもかかわらず、
元日を過ぎてしまうことがあります。

12月25日を過ぎてしまった場合も、
郵便局の方では可能な限りの対応をしてくれるものの、
あくまでも努力目標なので、
元日に届く保障をしてくれるわけではありません。

年賀状が元日に届く裏技は速達で送ること

12月25日を過ぎてしまうと
元日に届く可能性が徐々に低くなってしまいます。

年賀状の宛先が遠方になればなるほど、
1月3日以降に年賀状が届く可能性が高くなってしまいます。

ただ、12月25日を過ぎているけれど、
どうしても元日に年賀状を届けてほしい!という場合には、
速達で年賀状を送るという裏技があります。

ポストに年賀状を投函するのではなく、
郵便局の窓口で、速達の手続きをします。

年賀はがき1通あたりの速達料金は280円です。

ただ、速達で年賀状を送る場合には、
基本的に郵送手配した翌日には届いてしまうので、
12月31日に手続きをしなければいけません。

また年賀状の宛先欄(表面)には、
「速達」という刻印が押されてしまうので、
年賀状を受け取るように速達で送ったことを
知られてしまいます。

ポスト投函された年賀状の集荷方法

12月25日であれば、
いつ出しても年賀状は元日に届くわけではあり前sン。

厳密には12月25日の最終集荷まで

に間に合った分に関しては、
元日に届くように郵便局は最大限の努力をしてくれます。

集荷の時間やタイミング・頻度に関しては、
地域差がかなりあって、やはり都会だと集荷の回数が多く、
田舎になると集荷の回数は少なくなってしまいます。

たとえば、東京都内では1日4回の集荷が一般的で、
平日・土曜日は

  • 午前中に1回(9:00-10:00)
  • 午後に3回(12:00前後~18:00)

が集荷時間の目安となっています。

午後の最終集荷は18:00頃が目安となっていますが、
集荷状況や地域によっては時間が多少前後することがあります。

※休日だと午前中とお昼頃の合計2回に減ります。

東京など都心部を除くと、午前中と午後(15時前後)の
1日2回が平均的な集荷の目安となります。

近所のポストの投函時間を確認したときに、
すでに最終集荷時間を過ぎてしまっていた場合には、
各地域にある中央郵便局は24時間営業をしています。

12月25日23:59までに窓口で年賀状を提出をすれば、
一応は元日配達してもらえると考えられます。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする