去年の年賀状(未使用や書き損じ)は使える?交換・買い取り・再利用?

余った去年の年賀状はもちろん、
今年の年賀状として使いまわしできるものの、
受け取る方は決して良い気分がするものではありません。

今年の年賀状はやはり今年の年賀はがきを使うべきです。

では余った去年の年賀状は捨てるしかないのかというと、
決してそんなことはなく、再利用できるし、
切手やはがきなどに交換することもできます。

※未使用の年賀状1枚当たり5円の手数料がかかります。

手数料を払って交換してもらう以外にも、
懸賞に応募をしたり官公庁向けに提出するはがきに再利用する、
といった方法もあります。

ちなみに、年賀状を購入したものの、
喪中になってしまい年賀状を送れなかった場合には、
郵便局に持っていくと特別に手数料無料で交換に応じてくれます。

ただし無料交換期間はお年玉付き郵便はがき等の
販売期間終了日までとなっているので、
早目に郵便局に持っていくようにしましょう。

余った去年の年賀状で交換できるもの

余った去年の年賀状はもちろん、
今年の年賀状として使うことができます。

官製はがきや切手を貼ったはがきというのは、
ポストに投函して郵便局で配達処理をされなければ、
(郵便局で受け付けた証明となる刻印が押されなければ)
何年経とうが使用することができます。

切手は収入印紙の一種でほぼお金と同じようなモノですから、
有効期限が切れるというのは、そもそもおかしな話ですよね。

だからと言って、余った去年の年賀状を
今年の年賀状として使いまわすのは、
さすがに辞めておいたほうが良いでしょう。

お年玉付き郵便はがきの切手欄に印刷されている図柄は、
その年の干支のイラストになっていて、
他の人から送られてくる年賀状との違いが一目でわかります。

さらに去年のお年玉付き郵便はがきは当然、
今年のお年玉の当選とは無関係ですから、
もらう方としてはかなりガッカリすることになるからです。

余った去年の年賀状を再利用するにしても、
年賀状として使いまわすのは避けたほうが良くて、
郵便局で交換をしてもらうのが無難な選択肢です。

通常のはがきを含めて、使用の年賀はがきを郵便局に持ち込むと、
はがき代に見合ったものと交換をしてくれます。

年賀はがきを切手やはがきに交換できるものの、
交換の際に5円の手数料がかかる点に気を付けましょう。

たとえば年賀はがき10枚を交換する場合には、
50円の手数料がかかります(5円X10枚)

去年の余った年賀状で交換できるもの一覧

去年の余った年賀状はどんなものと交換できるのかというと、

  • 通常切手(弔事用切手を含みます。)
  • 通常はがき、往復はがき(その他の郵便はがき)
  • 郵便書簡
  • 特定封筒(レターパック封筒およびスマートレター封筒)

といったものがあります。

切手の中には記念切手のような「特殊切手」もありますが、
交換対象ではありません。

また、くじ引番号付き郵便はがきの販売期間内であれば、
くじ引番号付き郵便はがきにも交換可能です。

交換できるくじ引番号付き郵便はがきの種類

  • 無地
  • 無地(くぼみ入り)
  • 絵入り(寄付金付き)
  • 絵入り(寄付金なし)
  • インクジェット紙
  • 広告付きはがき(エコーはがき)
  • インクジェット写真用
  • 四面連刷
  • カーボンオフセット(寄付金付き)(単面無地)
  • カーボンオフセット(寄付金付き)(インクジェット紙)

去年の余った年賀状の交換期間はいつまで?

去年の余った年賀状はいつまで交換できるのかというと、
起源は特に決まっていません。

手数料5円さえ負担すると、
去年だろうが一昨年だろうが10年前だろうが、
交換に応じてくれます。

くじ引番号付き年賀状は当選発表を待つ

くじ引番号付き年賀状が余ってしまった場合は、
とりあえずは当選発表待ってから、交換するかもしくは
再利用するかを決めると良いでしょう。

くじ引番号付き年賀状の当選発表は、
毎年1月15日前後となっています。

郵便局のホームページで発表されるほか、
各種新聞(日経、読売、朝日、毎日など)でも
当選番号が発表されます。

3等は例年「お年玉切手シート」になっていますが、
62円切手と82円切手の2枚があります。

合計で144円にしかならないものの、
メルカリなどに出品すると500円とか
600円くらいで個人売買されています。

3等当選したくじ引番号付き年賀状は、
絶対に交換をしたほうがお得です。

ちなみに3等はおおよそ100枚に1枚の割合、
(当選番号の下二桁)で当選します。

使用済み年賀状はもちろん交換不可

余った去年の年賀状が交換・再利用できるのは、
あくまでも未使用の場合に限られます。

一度使ってしまったら、
再利用も交換もできません。

使用済みの切手をはがきからはがして使おうと思っても、
切手には特殊なインクが塗られているので、
郵便局ですぐにばれてしまいます。

また年賀状が「あて先不明」で返送されてきた場合も、
郵便法では使用済み扱いとされます。

交換・再利用はできないので
宛先や宛先人の書き間違えには注意が必要ですね。

余った去年の年賀状の再利用方法

余った去年の年賀状を交換せずに再利用したい場合、

  • 懸賞応募はがきに使う
  • 官公庁向けのはがきに使う
  • 買取ショップで換金する

という2つの手段があります。

通常のはがきとして再利用する場合には、
年賀状の「年賀」の部分に二重線を引きます。

そうしないと、通常の年賀状として扱われてしまい、
元日配達されてしまいます。

懸賞応募はがきに使う

余った去年の年賀状を友人や知人、
ましてや会社の取引先に使うのは避けたほうが良いです。

逆に言うと、そういったところ以外であれば、
余った去年の年賀状を使っても構わないわけで、
懸賞応募はがきとして再利用するのも良いですね。

懸賞は基本的に、大きな箱に大量のはがきが入れられ、
手作業ではがきを抜き出す単純な作業になります。

どんなはがき使われていようが、
抜き取る人には関係がないので、
余った去年の年賀状の再利用にはピッタリです。

官公庁向けのはがきに使う

官公庁向けにはがきを送る際にも、
余った去年の年賀状が使えます。

もちろん、仕事関係ではがきを送る場合は避けて、
あくまでも個人的な用事ではがきを送るのであれば、
余った去年の年賀状を再利用できます。

金券買取ショップで換金する

厳密には再利用にはならないものの、
余った去年の年賀状は金券ショップなどで
買取してもらうことができます。

買取金額がどの位になるのかは、
地域差や季節の影響があって、
かなり異なるようです。

喪中で送れなかった年賀状は交換手数料無料

余った去年の年賀状を切手やはがきに交換する場合、
本来であれば1通当たり5円の手数料がかかります。

けれども、喪中になってしまい使えなくなった年賀状に関しては、
手数料無料で交換してもらえます。

交換できるものには、手数料を負担するケースと同じく

  • 通常切手(弔事用切手を含みます。)
  • 通常はがき、往復はがき(その他の郵便はがき)
  • 郵便書簡
  • 特定封筒(レターパック封筒およびスマートレター封筒)

があります。

お年玉付き年賀はがきにも交換することはできるんですが、
気を付けなければいけないのは、無料交換期間は限られていること。

お年玉付き郵便はがき等の販売開始日から販売期間終了日までが、
無料交換対象となっているので、
期間外になると手数料がやはりかかってしまいます。

喪中で送れなかった年賀状を手数料無料で交換するには、
販売期間終了日までに郵便局の窓口で服喪であることを伝え、
備え付けの請求書に

  • 自分の住所(請求される方の住所)
  • 自分の氏名(請求者名)
  • 亡くなられた方との続柄

を記入して提出します。