年賀状の挨拶文・例文テンプレート!上司や部下、後輩・同僚や取引先、親戚・祖父母など

年賀状の裏面は様々なデザインから選ぶことができるので、
大半の面積を難なく埋めることができますよね。

ただ、印刷されたデザイン・文字だけで年賀状を送るのは、
相手に対して冷たい印象を与えかねないので、
できれば避けたいところ。

普段から仲良くしている友人・知人であれば、
思いついたことをなんでも書いたって良いものの、
会社の上司や取引先、親戚や配偶者の両親など、
年賀状の挨拶文・一言メッセージに困る関係の人たちもいます。

年賀状の挨拶文・一言メッセージを考えるにあたって、
特に悩んでしまいそうな関係の人たちをピックアップして、
例文テンプレートを紹介していきます。

年賀状の挨拶文・例文テンプレート

年賀状の挨拶文を考えるにあたって、
まずは基本的な構成要素を抑えておきましょう。

毎年送られてくる年賀状を見てみれば、
嫌でも一定のパターン(テンプレート)が
あることがわかると思います。

具体的には、

  • 新年の挨拶
  • 新年を迎えたお祝い
  • 旧年の御礼
  • 近況報告
  • 相手への思いやり
  • 今後のお願い

といったパーツで年賀状の挨拶文は構成されています。

それぞれのパーツで良く使われる例文があるので、
後は、送る人に適した形で例文を組み合わせていけばOKです。

必ずしもすべてのパーツを使う必要はなくて、
たとえば近況報告は別に入れても入れなくても構わないですし、

  • 新年の挨拶
  • 旧年の御礼
  • 今後のお願い

といった感じにまとめても構いません。

新年の挨拶

明けましておめでとうございます。

  • 新春のお喜びを申し上げます
  • 新春のお祝いを申し上げます
  • 謹んで新年のお祝辞を申し上げます
  • 謹んで新年のお祝いを申し上げます
  • 謹んで新春のお喜びを申し上げます

新年を迎えたお祝い

  • 良き新年をお迎えのことと存じます。
  • よき新春をお迎えのことと、お喜び申し上げます。
  • 皆様おすこやかに新春をお迎えのことと存じます。
  • ご家族ご一同様には、幸多き新春を迎えられたこととお喜び申し上げます。
  • お健やかに初春をお迎えのことと存じます
  • お健やかに新年をお迎えのことと慶び申し上げます
  • 幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます

旧年の御礼

  • 旧年中はお世話になりました
  • 昨年は何かとお世話になりまして、大変ありがとうございました。
  • 旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
  • 旧年中はひとかたならぬご厚誼を賜りまして、大変ありがとうございました。
  • 旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
  • 旧年中は大変お世話になりました
  • 旧年中は色々とご交誼をいただき誠に有り難うございました
  • 旧年中はいろいろとお世話になり誠にありがとうございました

近況報告

  • 私は相変わらず忙しくしています
  • 今は○○にハマっています
  • 昨年からロードバイクを始めました
  • 流行にのって○○を始めました。
  • 今年はハーフマラソンで新記録を目指します
  • 今年は○○の免許を取ります
  • 近々会えるのを楽しみにしています
  • 上の子は○歳になりました 会いに来てね
  • 昨年新たな家族が仲間入りしました
  • 家族一同元気に過ごしています
  • ○○に引っ越しました
  • 来年の野球は○○が優勝!
  • 今年もゴルフご一緒いこう!
  • 良い飲み屋を見つけたから今度一緒にいこう

相手への思いやり

  • 今年も飲みに行きましょう
  • 今年こそゆっくり会いたいですね
  • お身体の具合はいかがですか
  • 皆様お変わりありませんか
  • まだまだ寒い日が続くので体調には気をつけてね
  • 風邪を引きませんように
  • お身体に気をつけてお過ごしください
  • お変わりありませんか
  • 楽しいお正月をお迎えでしょうか
  • 心豊かな一年になりますように
  • 幸多き一年となりますように
  • 素敵な一年になりますように
  • ○○に励んでいますか?
  • 明るく楽しい一年でありますように
  • 皆様のご多幸とご健康をお祈りいたします
  • 本年も良い年でありますようにお祈り申し上げます
  • どうぞご自愛の上、より一層のご活躍のほどを期待しております。
  • 新しい年が皆様にとりまして幸多き年となりますよう心よりお祈り申し上げます
  • 輝かしい年頭にあたり皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます
  • 最後まで明るく楽しい一年でありますように

今後のお願い

  • 本年もよろしくお願いいたします
  • 本年も何卒よろしくお願い申し上げます
  • 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
  • 本年も相変わらず、よろしくお願いいたします。
  • 本年も昨年同様、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
  • 本年も変わらぬおつきあいをどうぞよろしくお願いします

相手を問わず無難な年賀状挨拶の例文

以上の例文テンプレートを踏まえて、
会社の上司・先輩・同僚・部下・後輩、取引先や、
親戚・祖父母などなど、送る相手を問わずに使える
無難な年賀状の挨拶文の例文を紹介します。


謹んで新年のお祝いを申し上げます
お健やかに新年をお迎えのことと慶び申し上げます
昨年は何かとお世話になりまして、大変ありがとうございました。
本年も良い年でありますようにお祈り申し上げます
輝かしい年頭にあたり皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます


謹んで新年のお祝辞を申し上げます
幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
本年も良い年でありますようにお祈り申し上げます
本年もよろしくお願いいたします


謹んで新年のお祝辞を申し上げます
旧年中はいろいろとお世話になり誠にありがとうございました
どうぞご自愛の上、より一層のご活躍のほどを期待しております。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます

会社の上司・先輩向け年賀状挨拶例文

会社の上司や先輩に出す年賀状では、
先ほど上げた例文に加えて、
下記のような一言を添えてあげると良いです。

  • さりげないフォローやアドバイスをいつもありがとうございます
  • 〇〇プロジェクトでは大変お世話になりました
  • さらなる飛躍の年とするべく努力する所存です
  • 今後も〇〇の件など ご教授ください
  • いつも見守ってくださりありがとうございます
  • 昨年はお世話になり感謝の気持ちでいっぱいです
  • 先輩を見習い少しずつでも成長していきます
  • 後輩の良い手本となるよう頑張ります
  • 積極的に業務にあたれる自分になるようがんばります
  • 今年も共にがんばっていきましょう
  • 共に飛躍の年にしましょう
  • お互い切磋琢磨してがんばりましょう

会社の部下・後輩・同僚向け年賀状挨拶例文

会社の上司や先輩に出す年賀状では、
下記のような一言メッセージを添えると良いです。

  • 着実に成果を上げていて頼もしい限りです
  • 仕事への姿勢に感動しました
  • さらなる成長を期待しています
  • 今年も共にがんばりましょう
  • 本年も新たな気持ちでがんばりましょう
  • 共に飛躍の年にしましょう
  • いつも ありがとう!
  • 今年も切磋琢磨してがんばりましょう
  • 新年会で会えるのを楽しみにしています

普段からよく話をするような間柄であれば、

  • 息抜きのお酒のお誘い待ってます
  • ストレス解消にカラオケ行きましょう
  • ゴルフまわれるように練習に付き合ってください!
  • 焼酎の美味しいお店を新しく見つけました

といったメッセージを添えるのも良いですね。

会社の取引先向け年賀状挨拶例文

会社の取引先(顧客)に送る年賀状の挨拶文には、
こんな感じの例文が使えます。

  • 本年も変わらぬご愛顧(ご厚意、ご交誼)のほど心よりお願い申し上げます
  • 今年も皆様のお役にたてるよう 一層の努力をもってご厚情にお応えしてまいります
  • 本年も社員一同さらなる努力をもって 皆様のお役に立てるよう頑張る所存です
  • 本年も変わらぬご愛顧のほど心よりお願い申し上げます
  • 本年も変わらぬご交誼のほど何卒よろしくお願い申し上げます
  • 本年もなお一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます
  • ご来店をお待ちしております
  • 貴社益々のご発展をお祈り申し上げます
  • 御社のご繁栄と皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます
  • 御社のますますのご発展を祈念させていただきます
  • 皆様のおかげで本年も弊社は飛躍の年になることをご期待ください。
  • 日頃よりスタッフに親身に対応していただきありがとうございました。
  • 今後とも何かあった時は弊社もできる限りの事は致します。

親戚・祖父母向け年賀状挨拶例文

  • ご無沙汰しておりますが お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか
  • 皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのこととお察し申し上げます。
  • どのような新年をお迎えでしょうか
  • お元気ですか?こちらは日々変わりなく過ごしております。
  • おかげさまで家族一同元気に新年を迎えております
  • 今年はぜひ家族そろってお伺いしたいと思っております
  • お風邪など召しませぬようどうかお気をつけください。
  • お体を大切にしてくださいね
  • 寒さ厳しき折 ご自愛ください
  • 今年はお会いできるのを楽しみにしています
  • まだまだ寒さが厳しい季節です。お体にはお気をつけください。
  • 日頃はご無沙汰ばかりで申し訳ございません。ご家族の皆様は、いかがお過ごしでしょうか。
  • 朝晩は冷え込みますから、ご自愛くださいませ。
  • 厳寒の折り、お変わりございませんでしょうか?

親戚といっても、実の兄弟や父母であれば、
普段から連絡を取り合っているでしょうから、
もっと砕けた内容で年賀状の挨拶文を書いても良いでしょう。

ただ、年賀状のやり取りにのみになってしまっているような、
疎遠な親族・親戚に対しては、決まり文句の例文だけでも良いでしょう。

相手の方が年賀状に毎年しっかりとメッセージを書いてくれているのなら、
こちらもきちんとメッセージを添えるべきだと思いますが、そうじゃない場合には、
あえて頑張って、近況報告をする必要性はそこまで高くはありません。

年賀状の挨拶に使える2文字の縁起の良い言葉

年賀状には、賀詞(縁起が良いとされている漢字や熟語)
を使うのも一般的です。

2文字で縁起が良いとされている言葉には、

  • 慶春
  • 賀春
  • 寿春
  • 迎春
  • 初春
  • 頌春
  • 賀正

などがあります。

ただ、気を付けなければいけないのは、
2文字や1文字の賀詞を目上の人に送るのは
失礼だと言われています。

取引先や上司、先輩などには2文字の賀詞を使うの避けて、
4文字以上の賀詞を使うのが良いです。

年賀状の挨拶に使える縁起の良い四文字熟語

縁起が良いとされている四文字熟語の中でも、
年賀状の挨拶に使えるモノを上げると、

  • 謹賀新年
  • 恭賀新年
  • 謹賀新春
  • 敬頌新禧
  • 瑞祥新春
  • 笑門来福
  • 新春来福
  • 慶賀光春

といったものがあります。