グアムのフライト時間はどれくらい?現金ドルはどれくらい必要?

日本の空港からグアムまではどれくらいのフライト時間かというと、
直行便であれば4時間弱くらい、日本との時差も1時間しかありません。

日本とグアムの往復で時差ボケになることもないでしょう。

ハワイだと7時間くらいかかるので、
グアムは非常に近い海外の南国リゾートですが、
乗継便だと6時間以上かかることがあり、
場合によっては1日くらいかかることもあります。

LCCを乗り継ぐような格安ツアーだと特に、
グアム到着時間が深夜になってしまうことも多いので、
ホテルのグレードは下げてもフライト時間はできるだけ短いほうが
良いんじゃないでしょうか。

そしてグアムにどれくらいのお金を持っていけばよいのかというと、
グアムではほとんどの支払いをカード払いで済ませることができるので、
現金に関していえば1人あたり1日10ドルもあれば十分です。

タクシーに乗るとか、最終日にまとめてベッドメイキングのチップを残すとか、
ちょっとしたことでしか現金を使うことはなさそうです。

円をドルに両替する際にはボッタクリともいえる手数料がかかるので、
現金で円をドルに換金するのは最小限にしたほうが良いですし、
そもそもカードのキャッシングを利用したほうが、
手数料をうんと節約できます。

無駄な両替手数料の浮いた分をグアムでの食事やお土産に回すのが、
賢いお金の使い方です。

日本の空港別グアムまでのフライト・飛行時間

日本からグアムに行く便が発着している空港は、

  • 新千歳空港(札幌)
  • 羽田空港
  • 成田国際空港
  • 中部国際空港セントレア(名古屋)
  • 関西国際空港(大阪)

がありますが、それぞれの空港からどれくらいのフライト時間で、
グアムに到着するのかをまとめてみました。

ちなみに2019年5月時点で

  • 新千歳空港(札幌)
  • 羽田空港

からはグアムの直行便がないので、
乗継便でグアムに行くしかありません。

東京や関東近郊からグアムに行くのであれば、
羽田空港ではなくてグアム直行便を運航している成田空港の方が便利です。

また以前はデルタ空港も日本・グアムを結ぶ便があったものの、
徐々に撤退をしていて2018年1月に完全に就航停止となりました。

新千歳空港(札幌)からグアムまで6時間~(直行便なし)

新千歳空港からは、

  • 大韓航空
  • ジンエアー
  • ユナイテッド航空(全日空)
  • エアプサン

などの航空会社がグアム便を就航していますが、
直行便ではなくて乗継便になるため、
フライト時間は少し長めになります。

ただ、ユナイテッド航空(日本航空)を利用すると、
中部国際空港や成田空港で乗継をするので、
フライト時間は7時間弱ですみます。

ある日の新千歳空港出発の便を調べると、

  • 7:45発→15:45着 ユナイテッド航空(全日空) 飛行時間7時間0分(成田国際空港乗継)
  • 8:40発→16:00着 ユナイテッド航空(全日空)飛行時間:6時間20分(中部国際空港乗継)
  • 17:35発→翌1:25着 ユナイテッド航空(全日空)飛行時間6時間50分(中部国際空港乗継)

といった便が就航していました。

羽田空港からグアムまで6時間~(直行便なし)

都内からアクセスがしやすくて国際線も割と充実しているものの、
羽田空港からはグアムの直行便が飛んでいません。

新千歳空港と同じく乗継便でグアムに行くしかないので、
成田空港発着にしたほうが良いかもしれません。

便数もそれほど多くはなくて、

  • 7:10発→15:40着 ユナイテッド航空(全日空) 飛行時間:7時間30分(関西国際空港乗継)
  • 17:45発→翌1:25+1着 ユナイテッド航空(全日空)飛行時間:6時間40分(中部国際空港乗継)

といった感じになっています。

大韓航空やアシアナ航空、ジェットスターやフィリピン航空などを利用して、
乗継便でグアムに行く方法もありますが、そうなると
フライト時間が10時間を超えるようになるので、
グアム旅行に行くにはかなり不便です。

成田国際空港からグアムまで約3時間30分

成田国際空港からグアムには、
ユナイテッド航空(全日空コードシェア便)と
日本航空が直行便を運行しているので、
およそ4時間弱のフライト時間でグアムに到着できます。

  • 9:40発→14:25着 日本航空 飛行時間:3時間45分
  • 11:00発→15:45着 ユナイテッド航空(全日空)飛行時間:3時間 45分
  • 17:25発→22:20着 ユナイテッド航空(全日空)飛行時間:3時間 55分
  • 21:05発→翌1:40着 ユナイテッド航空(全日空)飛行時間:3時間 35分

もちろん、直行便だけじゃなくて乗継便もあって、
フライト時間が10時間以内の便を探すと、

  • 17:05発→翌1:25着 ユナイテッド航空)(全日空) 飛行時間:7時間20分(金海国際空港乗継)
  • 17:30発→翌3:10着 エアプサン(アシアナ航空) 飛行8時間 40分(中部国際空港乗継)
  • 18:25発→翌1:25着 ユナイテッド航空)(全日空) 飛行6時間 0分(中部国際空港乗継)

といった便があります。

中部国際空港セントレア(名古屋)からグアムまで約3時間30分

名古屋の中部国際空港(セントレア)からは、

  • 11:30発→16:00着 ユナイテッド航空(全日空)飛行時間:3時間30分
  • 20:55発→翌1:25着 ユナイテッド航空(全日空)飛行時間:3時間30分
  • 10:20発→14:50着 ティーウェイ航空 飛行時間:3時間30分

といった直行便が運航されていて、
ティーウェイ航空は日本から唯一、
グアムへの直行便を運航しているLCCです。

もし乗継便を利用する場合には、

  • 14:35発22:20着 ユナイテッド航空(全日空)飛行時間:6時間 45分(成田国際空港乗継)
  • 7:40発15:45着 ユナイテッド航空(全日空)飛行時間:7時間 5分(成田国際空港乗継)

といった便だと、10時間以内のフライト時間で
グアムに到着することができます。

関西国際空港(大阪)からグアムまで約3時間30分

関西国際空港からのグアム直行便は、

  • 11:05発→15:40着 ユナイテッド航空(全日空)飛行時間:3時間35分
  • 10:40発→14:10着 ティーウェイ航空 飛行時間:3時間30分

といった便が運航していて、乗継便だと、

  • 18:50発→翌3:10着 エアプサン(アシアナ航空)飛行時間:7時間20分(金海国際空港乗継)
  • 17:00発→翌2:15着 アシアナ航空(エアソウル)飛行時間:8時間15分(仁川国際空港乗継)

といった便があります。

乗継便は韓国の空港を利用することになるため、
成田空港などとは違ってフライト時間は長めになります。

福岡空港からグアムまで約4時間

11:50発→16:45着 ユナイテッド航空(全日空)飛行時間:3時間55分

という直行便があります。

乗継便を利用する場合には、成田空港や関西国際空港など、
日本の空港でなおかつ直行便のある空港を利用することで、
10時間以内のフライト時間でグアムに到着できます。

  • 8:00発→15:40着 ユナイテッド航空)(全日空) 飛行時間:6時間40分(関西国際空港乗継)
  • 13:40発→22:20着 ユナイテッド航空)(全日空) 飛行時間:5時間55分(中部国際空港乗継)
  • 18:30発→翌1:25着 ユナイテッド航空)(全日空) 飛行時間:7時間40分(成田国際空港乗継)

グアムまでの航空券(往復・片道)の相場はどれくらい?

グアムまでの往復航空券の最安値を調べてみると、
2万円台で行けるケースもあります。

逆にお盆休みや年末年始などの繁忙期になると、
10万円以上になることもありますが、
グアムまでの往復航空券の平均的な金額は
エコノミークラスであれば6~7万円程度。

JAL(日本航空)だと7万円台が多く、
ユナイテッド航空だと6万円台が多く見られます。

直行便ではなくて乗継便にすると、
料金はさらに安くなるものの、
フライト時間が長くなりがちです。

10時間を超えるようなケースも出てくるものの、
関西国際空港や中部国際空港で運航している
LCCのティーウェイ航空であれば、
直行便なのに航空券の料金が格安になります。

夏休みのようなハイシーズンでも
3万円台でグアム直行便の往復航空券が販売されているし、
2万円台のグアム直行便の往復航空券があるのも、
今のところティーウェイだけです。

関西や名古屋周辺に住んでいるのであれば、
飛行機はティーウェイで安く済ませて、
その代わりにホテルのグレードを高くする、
といったグアム旅行のプランも組み立てられそうですね。

グアム旅行が安い時期や曜日はいつ?

グアム旅行に限らず、
お盆や夏休み、年末年始など、
大型連休最終日に出発する便だと
航空券の相場は非常に安くなる傾向があります。

ちなみに、こうした穴場の時期には、
USJやディズニーランドのような超人気のテーマパークも、
通常よりは人が減る傾向があるので、
かなりねらい目の時期と言えそうですね。

曜日に関しても、日程の中に

  • 土曜日
  • 日曜日
  • 祝日

が入らないようにすると、料金は安くなる傾向があります。

木曜日や金曜日や土曜日出発だと、
グアムの飛行機代は割高になる傾向があるのに対して、
月曜日とか火曜日といった週の初めに出発すれば、
航空券は比較的安くなります。

グアム旅行パッケージツアー料金相場はどれくらい?

グアム旅行パッケージツアーの平均予算はというと、

グアム旅行にいく時期
航空会社のグレードや出発時間帯
宿泊するホテルのグレード
グアム滞在中のオプションやアクティビティ

といった要因で変わってきます。

ざっくりと3つに分けるならば、

  • ミドルクラス:100,000~250,000円
  • セミハイクラス:120,000~290,000円
  • ハイクラス:130,000~320,000円

といった感じになります。

それぞれの価格帯で料金に2倍近く差がありますが、
これは主にグアム旅行にいく時期によって
航空券の料金が大きく変わるからです。;

ミドルクラス(100,000~250,000円)の場合、

・LCCや海外航空会社のグレードや深夜発着
・宿泊するホテルのグレードはスタンダード以下
・グアム滞在中のオプションやアクティビティはほとんどなし

といったパッケージツアーになり、
海やホテルのプールで遊ぶのがメインになります。

セミハイクラス(120,000~290,000円)は

JALやANAで日本を昼前に出発・グアムを昼過ぎに出発
宿泊するホテルのグレードはスタンダード以上
ホテル送迎などのオプションあり

といった感じでミドルクラスとは違って、
シュノーケリングなどのアクティビティも楽しみたい人向けです。

ハイクラス(130,000~320,000円)は、

JALやANAで日本を昼前に出発・グアムを昼過ぎに出発
宿泊するホテルのグレードはハイグレード
ホテル送迎や朝食、ディナーショーなどオプションあり

といった感じで、
グアムで至れり尽くせりのサービスを受けたい人向けです。

英語にあまり自信がないのであれば、
セミハイクラス以上のプランを選ぶようにすると良いでしょう。

グレードの高いホテルであれば、
ホテルの部屋の設備も整っているので、
不具合が起きるようなことはめったにありません。

わざわざ近くのコンビニ(ABCストアなど)に行かなくても、
朝食もホテル内で食べられる方が安心ですよね。

グアム滞在費を安くするコツ

グアム旅行なんて年に何回もいけるものじゃありません。

今回のグアム旅行から帰国したら、
次はいつグアムに行けるかなんてわからないでしょうから、
最大限にグアムを楽しんでおきたいですよね。

そこでグアム旅行の充実度・満足度を高めるために、
滞在費をできるだけ節約して、
アクティビティや食事などにお金を使えるようにしましょう。

  • 現金の両替は最小限にする
  • 食事はABCストアを活用する
  • お土産はロスドレスフォーレスで安く済ませる

といったグアムの大罪費節約方法があります。

現金の両替は最小限にする

すでに触れましたが、
円からドルへ(ドルから円へ)現金で両替する場合、
かなり高い手数料がかかってしまいます。

10%近い手数料が取られるので、
仮に1万円をドルに両替すると1000円も手数料がかかり、
9000円相当のドルしか手元に残りません。

現金の両替は最小限にするだけでも、
手数料の大幅な節約になるんですが、
両替手数料をもっとも節約できるのが
クレジットカードのキャッシングを利用することです。

キャッシングというと年利で15%くらいかかってしまうものの、
日割り計算すれば1日当たり0.04%になってしまいます。

つまり10000円相当を1日借りても、
手数料はたったの4円で済んでしまうので、
現金を両替する場合の手数料とは比べ物にならないほど安くなります。

※実際には、ATM使用料が発生するものの100円程度です。

日本にいるうちに円をドルに換金しておかなくても、
グアム空港に行けば24時間営業のATMがあるので、
いつでもドルを引き出すことができます。

とりあえず1人あたり1日10ドル程度も用意しておけば、
現金のドルがなくて困るようなことはなさそうです。

ちなみに、グアム旅行に持っていくクレジットカードは
2枚以上持っていくことをおすすめします。

万が一の盗難に備えたほうが良いのと、
ホテルにチェックインする際にデポジットとして
現金100ドルかクレジットカードのどちらかを
ホテルに預けるように言われることがあるからです。

そして2枚のクレジットカードのうち1枚をJCBにしておくと、
様々なお店で割引をしてもらえたり、
タモン地区を中心に無料wifiを使えたりします。

JCB系のクレジットカードを持っていなければ、
この機会に1枚作っておいても損はないですよ。

食事はABCストアを活用する

グアムでの食事は基本的に1人1食1000ドルが目安です。

ただグアムは1人あたりのボリュームが多いので、
たとえば大人2人・子供1人の3人家族であれば、
大人2人分でも十分な量だったりします。

コンドミニアムを借りたわけじゃなければ、
グアムでは外食がメインになるはずですが、
食事はABCストアを活用すればもっと節約ができます。

ABCストアに行けば、おにぎりも変えるほど品ぞろえが豊富で、
意外と日本人観光客に人気なのがスパムおにぎりです。

ホテル近くのABCストアで朝食を買って、
ビーチで食べるのもグアムならではの過ごし方じゃないかと思います。

こうやって朝・昼の食事代を安く抑えておいて、
夜はちょっと豪華なディナーを楽しむ、
といったお金の使い方をすると良さそうです。

日本から食料を持っていくのも、効果的な節約方法ですが、
ただグアムでは持ち込み禁止の食品の範囲が広いです。

インスタントラーメンをグアムに持ち込む人もいるようですが、
実は持ち込みルールに違反している可能性が高いので、
あまりおすすめはできません。

現地で食べるものは現地で用意するのが良さそうです。

お土産はロスドレスフォーレスで安く済ませる

グアム旅行のお土産の定番と言えばやはり
ナッツ類やチョコレートです。

免税店に行くとナッツ類やチョコレートのお菓子が
ずらりと並んでいるんですが、
Kマートなど地元のスーパーで買ったほうが絶対に安く上がります。

お土産を探すに一番のおすすめが、
ロスドレスフォーレスというディスカウントショップです。

日本で言うとドンキホーテのようなお店で、
日用品から食品、雑貨、洋服、靴などなど、
ありとあらゆるものが格安価格で購入できます。

子供服だと「西松屋なの?」と思うくらいの値段で、
ブランド服が買えたりするので非常にお得です。

もちろん、お菓子類だって安く買うこともできるんですが、
ロスドレスフォーレスには、様々なデザインのエコバッグが、
なんと1ドルで販売されています。

エコバッグならほとんどかさばるようなことはないし、
誰にあげても喜んでもらいやすいので、
グアム旅行でおすすめのお土産の一つです。

グアム往復マイルを飛行機に乗らずに貯める方法

飛行機に乗ればマイルがたまって、
マイルを様々な特典に交換することができますよね。

なんといってもマイルで特典航空券できるのが、
最も有効なマイルの使い方だと思いますが、
よほど出張に多い人じゃなければ、
マイルはほとんどたまらないでしょう。

年に1回とか2回くらいの頻度で飛行機に乗っていたら、
5,6年がかりでようやく国内の特典航空券を交換できるどうか。

効率が極めて悪いものの、実は飛行機に乗る以外にも、
様々な方法でマイルをためることができます。

代表的なもので言えばクレジットカードのポイントや、
楽天などのショッピングサイトのポイントを
マイルに交換することができますよね。

そこで、家計出費の多くをできるだけ
クレジットカード引き落としに切り替えると、
普通に生活をするだけでカードのポイントがたまり、
マイルへと交換できるようになります。

たとえば、4人家族の平均的な家計モデルは、
下記のようになっています。

(世帯手取り月収:35万円(児童手当含む))

  • 住居費 12万円
  • 水道・光熱費 1万5,000円
  • 食費 4万円
  • 通信費 2万円
  • 日用雑貨費 1万円
  • 美容・服飾費 1万円
  • 交際費 2万円
  • お小遣い・趣味 3万円
  • 教育・教養 5万円
  • 保険料 2万5,000円

支出合計 34万円

このうち、

  • 水道・光熱費 1万5,000円
  • 食費 4万円
  • 通信費 2万円
  • 日用雑貨費 1万円
  • 美容・服飾費 1万円
  • 交際費 2万円
  • お小遣い・趣味 3万円
  • 教育・教養 5万円
  • 保険料 2万5,000円

支出合計:22万円

に関しては、クレジットカード払いできるケースが多いので、
仮に総額の8割がカード払い可能だったとすれば、
1ヶ月あたり約17万円をポイントに換算することができ、
1年に換算すれば約200万円に相当します。

anaカードやjalカードなど航空会社系のクレジットカードで、
ポイント還元率が1%のタイプのカードで決済をしていれば、
1年で2万マイル相当をためることができます。

2万マイルもあればグアム往復エコノミークラスの
特典航空券と交換ができます。

そしてもう一つ極め付けなのが、
ポイントサイトを利用することです。

たとえば楽天で何か買い物をするような場合、
ポイントサイトを経由して楽天にアクセスして、
いつも通りに買い物をするだけで
ポイントサイトでのポイントが加算されます。

ポイントサイトには他にも、

  • アンケート調査の協力
  • 無料の資料請求
  • クレジットカードの作成
  • 銀行口座の解説
  • 覆面ショッパーバイト

といった手続きをするだけで、
ポイントをためることができ、
溜まったポイントをマイルに交換することができます。

  • 飛行機に乗ってマイルを貯める
  • 生活費をカード払いにしてマイルに交換する
  • ポイントサイトのポイントをマイルに交換する

という3つの方法を駆使すれば、
4人でグアム往復できるだけのマイルを
1年でためることも十分に可能です。

グアム旅行で最もお金がかかるのはやっぱり航空券ですから、
航空券の代金がまるまる浮いてしまったら、
ホテルのグレードを上げたり、アクティビティを充実させたり、
もっとグアム旅行を楽しむことができますね。

実際にこの方法でマイルをためている人もたくさんいるので、
やらなければ絶対に損ですよ。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする