車が横転する風速は?台風の横風で飛ばされる前にキャンピングカー・トラック・バス・軽自動車の強風対策!

車が横転する危険性は風速20m/sからぐんぐん上昇し、
風速30m/sに達すると実際に横転する車が出てきます。

ただ車種(車の形)や車を置いている場所によって、
横転する風速も変わります。

ランボルギーニのように流線型の車であれば、
風速60m/sくらいまで耐えられたりするものの、
ステップワゴンのようなミニバンや、キャンピングカー、
トラックのように横風を受けやすい大型車の場合。

風をさえぎるものがない土手の上などで、
風速30m/s以下でも横転する危険があります。

天気予報で最大瞬間風速が30m/sを超えることが予想される場合、
車の横転対策として

  • 立体駐車場に避難させる
  • カバーを掛けておく
  • しっかり固定する
  • 屋上や地下には停めない
  • 車検証や貴重品は屋内も避難にする
  • ガソリンを満タンにする

といったことをするのが有効です。

また横転しそうなくらい強風の最中に
どうしても車を運転しなければいけない場合には、

  • 危険な場所を知っておく
  • スピードを落とす
  • 急ハンドル・急ブレーキを避ける
  • ドアをゆっくり開閉する

といった点に気を付けましょう。

風速20mで車の横転の危険性は急上昇

日本風工学会の発表によると、
風速30m/s以上になると
車はいつ横転してもおかしくない状態になります。

ただ風速15m/s以上になってくると、
車の運転中に車線をまたぐほど流されることもあり、
危険な状態であることは間違いありません。

車を停止させていれば風速15m/sで横転する危険性はまだ低いものの、
風速20m/sになってくると横転する車も出始めます。

次に説明をするとおり瞬間風速も強まる空です。

突風(瞬間最大風速)に要注意

天気予報で発表される風速には主に2種類があります。

  • 平均風速(10分間の平均)
  • 瞬間風速(3秒間の平均)※おおよその数値

というのがあり、より正確に言うならば、
平均風速が30m/sになってくると、
車が横転する危険性が非常に高くなります。

平均風速の数字が高いということは、
瞬間風速もそれだけ高くなります。

実際に2018年の関西を直撃した台風21号では、
関西空港の瞬間最大風速が開港以来最大の58.1m/sを記録。

橋にタンカーが衝突して座礁した映像を
見た記憶もあるんじゃないかと思います。

突風にあおられて車が横転することもあるし、
運転中なら車が流されてスリップしたり、
後続車とぶつかってしまう危険もあるので、
不要不急の外出は控えたほうが良いです。

風速ごとの車の横転の危険度の目安

  • 風速20m未満
  • 風速20m以上
  • 風速30m以上
  • 風速40m以上

という4つの段階に分けて、
どの位の影響がある風速なのか?
車の横転の危険性はどうなるのか?
を見ていきましょう。

風速20m未満

体感的には

  • 風に向かって歩けない
  • 転倒する人も出る
  • 子供は飛ばされそうになる

といった感じの風速になります。

周囲の建物や建造物には、

  • 電線が鳴り始める
  • 看板やトタン板が外れ始める
  • 屋根瓦・屋根葺材がはがれ始める
  • 雨戸やシャッターが揺れる

といった現象が見られるようになります。

高速道路には風の強さがわかるように
(こいのぼりのような)緑と白の吹き流しがありますが、
風速10m/s以上になると、吹き流しが横にまっすぐ流れるようになります。

ほとんどの高速道路では風速10m/sを超えたあたりで
速度規制が入るようになり、
法定速度100km/hなら50km/hもしくは80km/h程度となるはずです。

風速20m/sを超えるような場合には、
通行止めになる高速道路も出てきます。

たとえば、さえぎるものがない東京湾アクアラインなら、
風速20m/sでほぼ確実に通行止めになります。

風速20m以上

ニュースでは「暴風」と呼ばれる風の強さで、
体感的には下記のような感じになります。

  • しっかりと体を確保しないと転倒する
  • 何かにつかまっていないと立っていられない
  • 飛来物がぶつかって負傷する危険

建造物に関しては、

  • 細い木の幹が折れる
  • 根の張っていない浅い木が倒れ始める
  • 看板や屋根瓦・屋根葺材が落下・飛散する。
  • 道路標識が傾く。
  • 固定されていないプレハブ小屋が移動、転倒する
  • ビニールハウスのフィルム(被覆材)が広範囲に破れる。

といった被害をもたらすようになります。

車の運転が非常に困難となり、
風をさえぎるものがない海岸線や橋梁部だと、
まっすぐ運転するのが非常に難しくなるため、
安全な道を選ぶようにしないといけません。

風速30m以上

人に関しては屋外にいるのは
もはや危険なレベルの風の強さです。

キチンと固定されている屋根瓦や看板も飛ばされてしまうし、
道路標識や街路樹が折れたり飛ばされたりします。

車を運転している最中だと、
車体がコントロールできないほど
横滑りしてしまうこともしばしばです。

パネルトラックやワンボックス車などのように
横風を受ける面積が大きいと車体が傾きやすくなって、
横転する危険性も非常に高くなります。

風速40m以上

屋外では何かに捕まっていないと立っていられなかったり、
土台が頑丈でない建物が倒壊するレベルの風の強さです。

停車している車でも横転の危険があり、
走行中の車はなぎ倒されるように横転しやすくなります。

台風・強風時の横転・浸水対策

車が横転しそうなくらい勢力の強い台風や
強風が予想される場合には、

  • 立体駐車場に避難させる
  • カバーを掛けておく
  • しっかり固定する
  • 屋上や地下には停めない
  • 車検証や貴重品は屋内も避難にする
  • ガソリンを満タンにする

といった対策をしておきましょう。

立体駐車場に避難させる

横風の影響をまともに受けるような青空駐車よりも、
立体駐車場に車を停める方が横転の危険性は低くなります。

強風が予想されるときには、
立体駐車場の競争率も高くなり、
早々と満車になってしまうこともあります。

アルファードやエルグランドなどのミニバンは、
早目に立体駐車場に移動させたほうが良いでしょう。

カバーを掛けておく

風速が速くなればなるほど、
様々な飛来物が車にぶつかる危険性が高まります。

木の枝くらいならばボディにほとんど傷はつかないでしょうが、
瓦屋根や千切れた電線、看板や建物の建築材などがぶつかると、
ボディに傷がつくだけじゃなくて凹んでしまうこともあります。

こうしたダメージを防いだり、ダメージを和らげるために、
車にカバーをしておいたほうが良いです。

特にサンルーフのあるタイプの車の場合、
サンルーフ周辺にたまった雨水を流しきれなくなって、
サンルーフから雨水が漏れてしまうこともありえます。

しっかり固定する

車体の軽い軽自動車などは、
停車していても強風にあおられて横滑りすることがあります。

隣の車にぶつかってしまったら、
事故として処理されてしまう可能性もあるので、
車止めなどを使ってしっかり固定できると良いです。

屋上や地下には停めない

立体駐車場であっても屋上に停めてしまうと、
風をまともに受けてしまうし飛来物がぶつかる可能性があります。

逆に地下の場合だと大雨で浸水しやすくなります。

車というのは意外と水には弱い構造となっていて、
タイヤが沈んでしまうくらいまで水に浸かると、
様々な部品を故障させる原因になってしまいます。

万が一、車内まで水に浸かって水たまりができると、
異臭がしたりカビが生える原因ともなってしまいます。

車検証や貴重品は屋内も避難にする

台風や強風が収まった後、
車が無事な状態である保証はどこにもありません。

万が一の場合に備えて、
車検証や自賠責保険証のような重要書類のほか、
車に入れっぱなしにしている貴重品、
たとえばゴルフバッグなども屋内に避難させておきましょう。

ちなみに車検証や自賠責保険証というのは、
車検や車を売却・廃車をする際にも必要になり、
もし紛失してしまうと厄介なことになります。

万が一の場合に備えてコピーを取っておくか、
画像を保存しておくと良いですよ。

ガソリンを満タンにする

やらないよりはやったほうがまし、といった対策ですが、
ガソリンを満タンにして車の重量を増やしておくことで、
横転や横滑りの危険を減らすことができます。

実際に台風前は立体駐車場が混雑するだけじゃなくて、
ガソリンスタンドも給油待ちの車が行列する光景を
しばしば見かけますよね。

台風・強風時に横転を防ぐ運転方法

風速20m/sを超えることが予想される台風・強風時には、
車の運転も外出も避けたほうが安全なのは間違いありません。

ただ、どうしても車の運転をせざるを得ないような場合、
少なくとも、

  • 危険な場所を知っておく
  • スピードを落とす
  • 急ハンドル・急ブレーキを避ける
  • ドアをゆっくり開閉する

といった点を心がけるようにしましょう。

危険な場所を知っておく

風をさえぎるものがない場所が危険なのはもちろん、

風が流れ込みやすい狭いところ(ビルの谷間、切り通し、山間部)
横風が強く吹き付けやすいところ(トンネル出口、高速道路の防音壁の切れ目)

といった場所にも十分に気を付けて運転をするか、
もしくは危険な場所を避けて運転しましょう。

橋の上、広い田園、土手の上、海岸沿いなどは、
風の影響を受けやすいのはすぐに気が付くものの、
ビルの谷間とかトンネル出口は意外と盲点じゃないでしょうか。

トンネルを出た途端に突風に煽られたりすると、
突然の出来事でついついパニックになり、
運転操作を間違えてしまいがちです。

スピードを落とす

強い風を突然受けた時に、車の速度が速ければ速いほど
車体が回転する遠心力が強く働いてしまいます。

たとえばジムニーシエラの場合、
静止状態だと風速35.6m/sで横転せずに堪えられたものの、
時速40km/hになるだけで風速20m/sでも、
横転する危険が高まります。

URL

車体が回転したり横滑りしてしまったときに、
ハンドルをとられることで車線から逸脱したり、
車が浮き始めて横転しやすくなります。

一刻も早く目的地に移動したいのはやまやまですが、
ゆっくりと走行するように気を付けましょう。

急ハンドル・急ブレーキを避ける

急ハンドル・急ブレーキは平常時でも避けたほうが良いですが、
台風・強風時にはなおさら気を付けなければいけません。

特に突風にあおられて一瞬、冷静さを失ったときが要注意です。

車が揺れたなと思っても、
実際の車体はそこまで影響を受けておらず、
横転や横滑りするほどじゃないケースが多いので、
落ち着いて冷静な運転を心がけましょう。

ドアをゆっくり開閉する

ミニバンのスライドドアであれば、
ドアが風にあおられるようなことないでしょう。

けれども運転席や助手席のドアの場合、
開けた途端に風にあおられて、
ドアが勢いよく押し出されることがあります。

隣の車にぶつかってしまったり、
場合によってはドアと車体の接合部に、
ダメージを与えてしまうことがあるので、
慎重にドアを開閉するようにしましょう。

車から降りて安全な場所へ避難する!

街路樹がバタバタと倒れていたり、
横転している車もあちこちで見かけるような場合には、
車から降りて安全な場所へ避難することも考えてください。

無理に運転を続けると交通事故を起こす危険性が非常に高いです。

万が一、他の車に衝突されるとか、
障害物や飛来物にぶつかるなど交通事故被害に遭った場合、
早目に警察や保険会社へ連絡をするようにしましょう。

横転した車を自動車保険で修理できる?

台風や強風といった自然災害によって、
車が何らかの被害を受けた場合、
自動車保険で修理できるのかというと、
車両保険も加えていることが条件になります。

  • 飛来物が車にぶつかった
  • 土砂災害で損傷した
  • 他人の車と衝突した(対物賠償保険は適用外)
  • 車が水没した

模試車両保険を使っって修理をした場合、
翌年の自動車保険の等級は1等級下がり、
事故有係数適用期間が1年加算されて
自動車保険の保険料が上がります。

自動車保険の値上がり分の総額と、
自動車の修理費用の総額を比較して、
安い方を選ぶと良いんじゃないでしょうか。

ちなみに、車両保険でカバーしてもらえる
限度額は車両保険金額の全額です。

仮に車が全損と判断された場合には、
車両保険金額の全額が保険金として受け取れるものの、
この全額っていくらなのか、きちんと把握できていますか?

一般的に車両保険金額の全額とは、
車の時価総額となっています。

新車であれば新車購入時の価格とほぼ同じですが、
車の時価というのは年を追うごとに減価償却され
ドンドン価値は下がります。

6,7年もすると保険では車の時価なんてほぼゼロに近くなり、
車両保険金額の全額を支払ってもらっても、
大した金額にはなりません。

つまり保険をかけている車の年式が古くなればなるほど、
車両保険に加入をしている意味が薄れていくわけです。

しかも自動車保険の料金を高くしている要因は、

  • 年齢条件
  • 車両保険

の2つです。

車両保険の加入の有無で保険料は大きく変わるし、
さらに運転する人の年齢が若いと
保険料が跳ね上がる仕組みになっています。

自動車保険を加入した当時と今とでは、
年齢も違うし車の年式も古くなっていますから、
自動更新に近い状態にしているのであれば、
ほぼ間違いなく損をしていると考えられます。

自動車保険は確かに必要な出費ではあるものの、
だからと言って無駄な保障にお金を払うのは、
なんの意味もありません。

面倒でも自動車保険は最低でも1年おきに見直すようにして、

  • 必要のない保障や特約をなくす
  • ダイレクト型の保険会社に切り替える

といったことをすることで、
保険料が半額になるケースは珍しくありません。

保険の更新時期はまだずっと先かもしれませんが、
今のうちに自動車保険を見直しておくことをおすすめしますよ。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする