ガソリンメーターが増えない・減らない(上がらない・下がらない)原因は?動かない燃料計故障の修理代は?

ガソリンを給油したはずなのに
ガソリンメーターが上がらない(増えない)?

もしくはガソリンを給油してからしばらく走ったものの、
ガソリンメーターが動かないで減らない??

こういった症状が見られる場合、

  • ガソリンメーター(燃料計)の故障
  • ガソリンタンクのセンサーの故障
  • 配線の故障

といったことが原因として考えられます。

ちなみにガソリンを満タンまで入れて
ガソリンメーターがFを振り切っている場合、
しばらくガソリンメーターが動かないのは正常です。

ガソリンメーターはガソリンタンク内にある
浮子(フロート)の上下の動きをセンサーで計測する
簡単な構造をしています。

たとえば、縁石に乗り上げたりしてタンクが歪んでしまうと、
浮子(フロート)やセンサーの動きがおかしくなることがあります。

もしくはセンサーとガソリンメーターをつないでいる
電気配線に何らかの問題が起きている場合にも、
ガソリンメーターが動かなくなることがあります。

ガソリンメーターが動かなくても、車検には通るようですが、
燃料が今、どのくらい入ってるのかがわからないと、
特に長距離運転する際にかなり不安になります。

ディーラーや中古車修理工場などで、
早目に点検・修理してもらうようにしましょう。

ガソリンメーターが上がらない増えない・減らない原因

ガソリンを給油したのにガソリンメーターが増えなかったり、
逆にガソリンを給油してしばらく車を走行させたものの、
ガソリンメーターが減らないといった場合には、

  • ガソリンメーター(燃料計)の故障
  • ガソリンタンクのセンサーの故障
  • 配線の故障

といった要因が考えられます。

ガソリンを満タンで減らないのは正常

まずガソリンメーターが減らない場合に関して、
ガソリンを満タンまで給油をした場合には、
一定の距離を走るまではガソリンメーターは
動かないことが多いです。

ガソリンタンク内にあるセンサーは、
ガソリンの残量が一定以上の場合には、
常に満タンを示すような仕組みになっているからです。

100キロくらい走らせてみて、
それでもガソリンメーターが動かず減らない場合には、
先ほど上げた原因のいずれかに該当するはずです。

ガソリンメーター(燃料計)の故障

ガソリンメーターはガソリンタンク内のセンサーから送られてくる
信号をそのまま表示させているだけの単純な仕組みになっています。

ガソリンメーター(燃料計)が故障していた場合、
センサー信号を正しくガソリンメーターに反映できなくなります。

もしくはネットの口コミを調べてみると、
夏の暑い時期に車内が高温になった結果、
ガソリンメーター(燃料計)が歪んでしまい、
メータの針が物理的に動かなくなっているケースもありました。

基本的に故障したガソリンメーター(燃料計)を交換する必要がありますが、
部品代と合わせて5万円程度の修理代が目安です。

ガソリンタンクのセンサーの故障

ガソリンタンクの中にはフロート(浮き)があって、
タンクのガソリンが増えたり減ったりして液面が上下すると
フロートも合わせて上下しています。

このフロートの高さをセンサーで計測をして、
ガソリン残量が今どのくらいなのかをガソリンメーターで表示させています。

ガソリンタンクにガソリンをたくさん入れるとフロートが上昇し、
ガソリンメーターの針がF側に向かって動きます。

逆にガソリンが少なくなればなるほどフロートもどんどん低下して
ガソリンメーターの針はE側に動きます。

ちなみにガソリンの給油ランプは、
センサーまでガソリンに浸かっていると消灯
センサーが露出するほどガソリンが減ると点灯
といった感じになっています。

車の年式が古くなるにつれてフロートにガソリンが染み込んでいき、
姉妹には浮力が弱くなって正確な残量を
センサーで計測できなくなることがあります。

もしくはセンサー自体が経年劣化で故障することもあります。

フロートやセンサー自体の部品代はそれほど高くはないものの、
ガソリンタンクを露出させるのにかなり手間がかかるため、
修理代は5万円程度は見込んでおいたほうが良いです。

配線の故障

ガソリンタンク内のセンサーとガソリンメーターの間には、
電気配線やコネクタ、ヒューズなどの部品があります。

これらの部品が劣化したり損耗することで、
電気信号が正常に伝わらなくなることがあります。

配線周りの部品も安価なモノばかりではあるものの、
配線のどこに問題があるのかを突き止めるために
かなり手間がかかってしまうことがあるため、
修理代も高くなってしまうことがあります。

ガソリンタンクに穴が空くケース

車を縁石に乗り上げたとか、
建築物にぶつかったとか、
車が浸水してしまったとか、

明らかな原因がある場合には、
ガソリンタンクに穴が空いているかもしれません。

こうした要因に心当たりはなくても、
ガソリンに含まれるわずかな水分が徐々にタンクに蓄積し、
タンク内にサビが生じてガソリンタンクに穴が空くこともあります。

ガソリンタンクに穴が空いている場合、
地面にはガソリンが漏れた後が見られるはずです。

ちなみにガソリンが土の地面にしみ込む分には、
しばらくはガソリン臭いとは思いますが、
すぐに気化するので引火は爆発の危険はほとんどありません。

コンクリートやアスファルトの場合にも、
引火・爆発の恐れは低いものの、
ガソリンがしみむとコンクリートにはシミのようなものが出来たり、
アスファルトだと柔らかくなってしまうことがあります。

柔らかくなったアスファルトは、
時間が経ってガソリンが気化すればまた硬くなるものの、
柔らかい状態で車を出し入れして変形してしまうと、
そのまま固まってしまうため注意が必要です。

エンジンかけたままガソリン給油は厳禁!

ガソリンを給油する際、
エンジンかけたままにするのは厳禁です。

消防法の危険物規制に関する政令でも、

危険物の規制に関する政令第27条6項1のロ
「自動車等に給油するときは、自動車等の原動機を停止させること」

と定められているため、
エンジンかけたまま給油するのは立派な違法行為になりますし、
ガソリンスタンドの方でもエンジンをストップさせる義務があります。

ガソリン給油中にエンジンかかったままだと、
可能性は低いものの火花がとびってしまうこともあり得ます。

最近の車はエンジンの動力だけで動いているわけではなくて、
様々な電気部品も使われていてエンジンと連動しています。

こうした電気部品がショート気味になっていたりして、
ガソリン給油中に引火する危険性はゼロではありません。

セルフのガソリンスタンドではガソリン給油前に、
静電気を除去しなければいけないように、
わずかな危険性であっても無視して良いわけではないので、
エンジンかけたままガソリン給油は絶対に止めておきましょう。

動かないガソリンメーターで車検は通らない?

ガソリンメーターが動かない状態で車検に通るのかどうかというと、
車検の検査項目には入っていないので通ります。

車検は基本的に走行上での危険の有無を基準にしていて、
ブレーキパッドの減り具合やヘッドライトの点灯・明るさの確認、
ウィンカーやブレーキランプの点灯の他、
エンジンが正常に動くかどうかといった点を重視しています。

車の走行に直接関係のないような項目、たとえば、

  • カーエアコン
  • パワーウィンドウ
  • パワステ(パワーステアリング)

といった装備品が壊れて動かなかったとしても、車検には通ります。

メーター類でチェックされるのはスピードメーターで、
時速40キロまでアクセルを踏み込んだときに、
時速31~42.5キロの範囲内にスピードメーターの数値が
収まっているかどうかがチェックされます。

ガソリンメーターのちょっとした豆知識

レンタカーや新車など乗り慣れていない車に乗った場合、
給油するときに給油口が左右のどちらにあるのか?
車内いるとわかりにくいですよね。

サイドミラー(ドアミラー)の角度を変えなければ、
給油口の位置を目視するのは難しいものの、
ガソリンメーターのマークから給油口の位置を知る方法があります。

給油マークの左右のどちらかに「▲」マークもあるはずで、
このマークの位置が給油口の位置を示しています。

もし給油中にガソリンが服やボディに付いたら?

ガソリンを給油していたら吹きこぼれてしまったりして、
服や車のボディにガソリンがかかってしまった場合。

ボディに関してはすぐにふき取れば特に問題はありません。

逆にボディの油膜汚れがガソリンによって溶かされて、
ガソリンが付着して拭き取った部分がきれいになったりします。

ガソリンが服にかかってしまったときの処置はちょっと厄介で、
そのまま洗濯機で洗濯するのはNGです。

洗濯機やいっしょに洗った衣類にまでガソリンがしみ込んで、
ガソリン臭くなってしまうからです。

服にかかったガソリンはしばらく陰干しにしてガソリンを気化させるか、
もしくは重曹を振り掛けてガソリンを吸着させるようにしましょう。

※天日干しで直射日光に当てると、
ちょっとした火花や静電気で引火する危険が高まるので、
日の当たらない日陰で干すようにしましょう。

ガソリンがだいぶ抜けてから洗濯機で洗濯をすると良いですが、
ガソリンの臭いはしばらくは落ちないかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする