車フロントガラス外側の曇りの原因は結露の水滴!曇りの取り方や結露防止は?

フロントガラスの外側が結露して曇ったり水滴がつくのは、
車内の温度に比べて外の空気の温度が温かく、
さらに湿気(水分)を多く含んでいることが原因です。

温かく湿った空気が冷えたフロントガラスに触れることで、
空気が急速に冷やされ気体だった水蒸気が液体の水に変わり、
結露や水滴が見られるようになります。

フロントガラス外側の結露をなくすには、

  • ワイパーで結露の水滴を拭き取る
  • フロントガラスを温める

といったやり方をするのが良いです。

フロントガラスを温めるには、
エアコンの「デフロスター」機能を使えば良くて、
フロントガラスに向けて暖かい空気を送ってガラスの温度を高め、
結露を取り除いてくれます。

またフロントガラスが意外にも車の窓やサイドミラーなどには、
油膜や汚れがついていると結露が起こりがちです。

フロントガラスを結露させないためには、
普段から小まめに洗車しておくことが大切で、
カーウォッシュで車を洗うと同時に、
曇り止めグッズや撥水コーティングをすると良いです。

フロントガラスの外側の結露原因

車が結露するのはもっぱら
内側のフロントガラスや窓ガラスが多いものの、
外側が結露して水滴がついてしまうこともありますよね。

結露するとフロントガラスが白く曇って見えるのは、
ガラスに当たった光が結露の細かい水滴によって乱反射するためです

結露は基本的に暖かく湿った空気が、
急速に冷やされて起きる現象です。

眼鏡をかけている人ならば、
冬の寒い時期に温かい家の中に入ると、
眼鏡が曇ってしまうのも結露の一種です。

空気の性質上、温度が高くなればなるほど、
空気中により多くの水分を気体として蓄えられるようになり、
逆に空気の温度が低くなればなるほど、
蓄えられる水分量が減ってしまいます。

温かく湿った空気が急速に冷やされることで、
内部に蓄えてきた気体の水分(水蒸気)が
ドンドン空気から放出されて液体の水分となって
現れるようになります。

フロントガラス外側が結露しやすい時期

フロントガラスの内側が結露しやすいのは、
冬の雨の日とか雪が降ったときです。

それに対してフロントガラス外側が結露しやすいのは、
梅雨の時期に多く見られます。

梅雨が始まって空気が温かく湿ってきたときに、
たとえば空気が冷えた地下駐車場から車を出すと、
フロントガラスが冷えているため、
ガラスの外側が結露しやすくなります。

フロントガラスの外側の結露対策

フロントガラスの外側の結露し始めた場合、
どうやって結露した水滴を取り除くのかというと、

  • ワイパーで結露の水滴を拭き取る
  • フロントガラスを温める

というやり方があって、どちらか一方だけじゃなくて、
両方同時にやると効果的です。

ワイパーで結露の水滴を拭き取る

結露した水滴は物理的にふき取ることができます。

車を停車できるのであれば、
雑巾で拭いても良いですし、
車を走行中の場合はワイパーを動かせば、
フロントガラスの結露を取り除くことができます。

もちろん、ワイパーを1回やっただけでは、
徐々にまたフロントガラスは結露していくので、
結露するたびにワイパーを動かすようにしましょう。

フロントガラスを温める

フロントガラスと外気に極端な温度差があることが、
フロントガラスの外側が結露する原因となっていますから、
温度さをなくせば結露して水滴が出ることもなくなります。

さすがに外気を冷やすことはできないので、
冷えたフロントガラスを温めると良いわけですが、
よほど年式の古い車じゃなければ、
デフロスターという機能が装備されているはずです。

エアコンスイッチの近くに温泉マークのようなスイッチもあるはずで、
このボタンを押すとデフロスターがONになり、
フロントガラスに向けて暖かい空気を送ってくれます。

デフロスターは主に車内の内側のガラスの
曇り取りに使う装備ではあるものの、
フロントガラスの外側の曇り取りにも使えます。

デフロスターの使い過ぎに注意!

デフロスターをONにすると、
フロントガラスの内側・外側の結露は目で見てわかるほど
ぐんぐんなくなっていくはずです。

結露がなくなったからといって
すぐにデフロスターをOFFにすると、
また結露しはじめうのでデフロスターは結露しなくなるまで
しばらくはONにしておく必要があります。

ただデフロスターはかなり電気を食う装備でもあるので、
長時間の使用は避けたほうが良い装備品です。

デフロスターを使っていることを
うっかり忘れてしまいがちですが、
結露しなくなったら早目にOFFにしましょう。

フロントガラスの外側の結露防止

納車されたばかりの車では、
あまりフロントガラスの外側が結露することはありません。

温度差によって結露はどうしても生じてしまうものですが、
フロントガラスが汚れていると結露が起こりやすくなります。

フロントガラスをきれいにしておくと結露しにくくなるので、
下記のような結露の予防対策が効果的です。

  • 中性洗剤で洗車してガラスの汚れを取る
  • 曇り止めグッズを使う
  • 撥水コーティングをする

中性洗剤で洗車してガラスの汚れを取る

結露は空気中の水分がフロントガラスに付着することで起きます。

もしフロントガラスをピカピカに磨いていれば、
水滴はガラスに付着しにくくなり結露が和らぎますし、
逆に言うとフロントガラスに油膜がついているなど、
汚れが蓄積していたら結露しやすくなります。

そこで油膜汚れを中心に車の汚れを洗い落とすには、
小まめに洗車をしたほうが良いですし、
家庭用の台所洗剤(中性洗剤)でも良いので、
フロントガラスの汚れを洗い流すようにしましょう。

中性洗剤には界面活性剤といって、
油分を水分に溶けやすくする成分が含まれているため、
フロントらガラスの油膜汚れも落とすことができます。

ただ車に付着する油膜汚れはアスファルトを削って付着した成分など、
頑固で落ちにくいケースが多いです。

頑固な油膜汚れを洗い落とすには、
キイロビンという洗車グッズを使うのがオススメです。

曇り止めグッズを使う

車を洗車した後に曇り止めスプレーを
フロントガラスに吹きかけておくと結露防止になります。

曇り止めスプレーには中性洗剤に含まれていると界面活性剤と
似たような性質をもつ成分が使われています。

結露した水分がフロントガラスに付着すると、
水滴がついてもすぐに弾いて流れ落ちるようになるので、
フロントガラスが曇らなくなります。

撥水コーティングをする

車を洗車してきれいな状態にした後、
撥水コーティングをすると車を様々な汚れから守ってくれます。

雨が降っても流れ落ちるように水滴が落ちていくので、
視界をクリアな状態に保つことができます。

撥水コーティングによってもちろん、
フロントガラスの曇り止めにもなり、
結露による水滴で白くなるのを防ぐことができます。

サイドミラーの曇り(結露)の原因と対策

フロントガラスが結露で曇ると、
サイドミラーも曇ってしまいがちですよね。

最近の車だとサイドミラーにもヒーターがついていて、
サイドミラーが曇らないようになっていたりしますが、
そもそもサイドミラーの曇りの原因もやはり油膜汚れです。

サイドミラーに油膜や水垢といった汚れが蓄積されていくこと、
結露して曇りやすくなるだけじゃなくて、
水滴がサイドミラーにとどまって後方確認しづらくなります。

サイドミラーの汚れを落とすには鏡を傷つけないように、
ミラー専用のクリーナーを使う必要があります。

また撥水コーティングよりも親水コーティングといって、
水が流れるように落ちるようにしたほうが後方確認しやすくなります。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする