雪道の下り坂は徐行運転!ギアは?エンジンブレーキは?ブレーキ効かない場合の走り方は?

通常でも下り坂の運転では
スピードに十分に気を付けなければいけませんが、
雪道の下り坂はさらに注意が必要です。

普段よりも路面は間違いなく滑りやすくなっていますから、
スピードをちょっと出し過ぎたせいで、
カーブ中にスリップしてしまうことがあり得ます。

カーブに入る手前で十分に速度を落とさなければいけないものの、
ブレーキを踏んでも滑ってしまい、
スピードが乗ったままカーブに入らざるを得なくなる、
といったことも起こりえます。

オートマ車であれば雪道の下り坂を運転する場合、
シフトにセカンド(Sとか2)があれば、
Dモードからセカンドモードにして運転すれば、
エンジンブレーキが効いてスピードを調整しやすくなります。

下り坂ではフットブレーキで減速するよりも、
エンジンブレーキの方が良いと言われることが多いですが、
逆にエンジンブレーキで急激にスピードを落とすのは、
車の挙動が不安定になる可能性があります。

エンジンブレーキはどちらかというと、
下り坂でスピードを一定に保つために使うようにして、
カーブ手前での原則ではフットブレーキを使うのが良いです。

雪道の下り坂のギアは二速で「急」な運転をしない

非常に緩やかな下り坂であっても
雪道ではスピードの出し過ぎに気をつけないといけません。

ブレーキを踏んだときにタイヤがスリップして滑るだけじゃなくて、
乾いた路面に比べて雪道ではブレーキを踏んでから止まるまでの
制動距離も長くなるからです。

スピードがそもそも出過ぎないように、
ギアを二速にしてエンジンブレーキが効かせておきましょう。

普段から前の車との車間を詰めて運転する癖があると、
雪道の下り坂で停まりきれずに追突する危険があるので、
絶対に車間を広げて運転しなければいけないし、
「急」のつく運転は全てNGです。

  • 急ブレーキ
  • 急加速
  • 急ハンドル

といった運転をすると、条件によっては
車は簡単にスリップして横滑りします。

特にカーブや交差点のある雪道の下り坂では、
手前で十分にスピードを落としてから侵入するようにして、
ハンドルを曲げている最中にフットブレーキを踏むのは
横滑りしやすいので絶対に避けるようにしましょう。

通常のスリップであれば、ABSで何とかなったりするものの、
ABSは横滑りには弱いので、
事故を起こす危険性がきわめて高くなります。

北海道で僕の雪道の下り坂での体験

キングオブ北国の北海道出身の僕は、
雪道での運転経験もどちらかというと豊富じゃないかと思います。

冬になると毎日のように車にスキーを積み、
山道を運転してスキー場に行ってましたし。

山道なんで当然、カーブの連続で、
夏道と同じ感覚で運転してしまうと、
間違いなく道路をはみ出します。

先ほど説明をした通り基本的にはギアを二速にして、
スピードが出過ぎないように気を付けて運転するものの、、
それでも滑るときは滑っちゃうんですよね。

カーブに入る手前でスピードを落としきれずに、
反対車線に車半分くらいはみ出してしまったことは何度もあるし、
曲がりきれなくて雪にぶつけて何とかしのいだこともあります。

特に怖かった経験が2つあって、
1つは道内旅行中に峠道を下っていた時です。

なんとABSの警告ランプが点灯!

これはもしやABSが使えない?

雪道の下り坂ってABSがついているというだけで、
かなりの安心感があるんですが、
ABSが効かないかもしれないと思うと、、、

雪道運転にはかなり慣れていたとはいえ、
かなりの不安と恐怖を感じながら、
ノロリノロリと運転して峠を超えて事なきを得ました。汗

後日、ディーラーに車を持って行ってみてもらったら
「ヒューズが切れていただけですね!」と、
拍子抜けするようなことが原因だとわかった時には、
やり場のない怒りを感じました。

もう一つの体験は、
小樽の市街地で急な上り坂を上っていた時です。

雪で道幅がかなり狭くなっていたせいで、
コーナーにもあまり余裕はなく、ほぼ直角になっていたところへ
ノロノロと車を進めてみたところ、まさかのスタック!

アクセルをいくら踏んでも前には進まないので、
もうしょうがないので、急な坂道をバックでいったん、
降りなきゃいけない状態になりました。

「スリップしないかな~~、怖いなぁ~」

と思いながらバックしたんですが、
案の定、スリップ。笑

今度はブレーキを踏んでも車は下り坂を滑り落ちるので、
このままじゃマズイ!ということで、
やむを得ず雪壁に車をぶつけて緊急停止。

「雪壁に車をぶつける」というのは、
雪道で滑った時の対応方法の一つではあるものの、
後で詳しく説明をするとおり、
安易にやって良い止め方ではありません。

その後、狭い幅の下り坂で何度も切り替えして体勢を立て直し、
事なきを得ましたが、いつ滑ってもおかしくない状態だったので、
真冬だったのに冷や汗がダラダラでした。

雪道の下り坂運転のポイント

雪道の下り坂を運転する際には、

  • ギアをセカンドに入れる
  • 急のつく運転をしない

ことを前提として、さらに下記の点を抑えておくと、
危険な場面に遭遇する確率を大幅に下げて、
安全に下り坂を通過することができます。

  • 屋根の上の雪を落としておく
  • 雪道の轍(わだち)に逆らわない
  • 車間はいつもの2倍以上あける
  • カーブ中にブレーキを踏まない
  • 歩行者信号で先読みする
  • 橋・トンネルの凍結路面に注意!

屋根の上の雪を落としておく

急いで出発しなきゃいけないときは、
とりあえずフロントガラスや窓ガラスの雪を落として、
最小限の視界を確保して車を発進するのは、
できれば避けたほうが良いです。

平らな道であれば屋根の上の雪は風に飛ばされて、
ドンドンなくなっていくので雪かき不要といえば不要ですが、
後続車の視界を遮ることがあるので、かなりの迷惑をかけることになります。

下り坂を運転中だと屋根の雪がフロントガラスに向けて、
一気に滑り落ちて視界がゼロに近い状態になる可能性もあります。

車の中にスノーブラシなど雪かき道具を入れておいて、
運転前に車の屋根の雪も落としておきましょう。

雪道の轍(わだち)に逆らわない

雪道でははっきりとしたわだちができることが多く、
わだちに逆らって運転するのはかなり危険です。

わだちを乗り越えようとして失敗してしまうと、
タイヤがスリップして横滑りすることが良くあります。

僕が北海道にいたときには、
友人がわだちから無理に抜けようとしてしまった結果、
見事に横滑りしてちょうど180度回転して車が止まった、
なんてこともありました。

後ろの車が車間を空けてくれていたので、
追突されることはなかったものの、
目と目が合うのはかなり気まずいものがありました。

車間はいつもの2倍以上あける

雪道ではブレーキを踏んでも制動距離は長くなるし、
下り坂ならさらにスピードが出やすいので、
制動距離もさらに長くなりがちです。

乾いた道を走るときに比べて車間は
2倍以上は広げる意識を持つようにしましょう。

前の車が万が一、スリップなどを起こしても、
事故に巻き込まれないようにしないといけませんね。

カーブ中にブレーキを踏まない

ハンドルを曲げている最中にフットブレーキを踏むと、
タイヤをスリップさせてしまいます。

ドリフト走行のような状態になって、
キチンとカウンターを当てるようにハンドル操作をしないと、
反対車線に飛び出してしまったり、
道路わきのガードレールに衝突することもあり得ます。

カウンターを当てるとは、
FR車の場合滑った方向にハンドルを向けることです。

滑ってしまったからといって、元に戻そうするあまり、
滑る方向と逆方向にハンドルを切ってしまうと、
車がさらに勢いよく回転してしまいます。

先ほど紹介した僕の友人の車が半回転してしまったのも、
車が滑った時に友人がハンドル操作を謝って、
滑った方向とは逆方向にハンドルを切ってしまったからです。

歩行者信号で先読みする

自動車教習所では「車の運転をするからには歩行者信号は見ない!」
という風に教わったと思いますが、
雪道の下り坂を運転する際には、
歩行者信号も重要な情報になります。

車の信号が青から黄色に変わるよりも前に、
歩行者信号で青点滅を始めるわけですから、
信号の変わり目を先読みすることができます。

早い段階で減速し始めることができるので、
交差点に飛び出してしまうようなことを防げます。

橋・トンネルの凍結路面に注意!

橋の上や橋の前後、トンネルの出入り口というのは、
路面がツルツルに凍結していることが多いので要注意です。

見た目は乾いた路面のように見えても、
黒光りしているブラックアイスバーンになっていることもあります。

うっかりスピードを出しすぎてしまったり、
ハンドル操作を誤ると車がスリップしてしまい、
事故を起こす要因となるので、
橋・トンネル付近は十分にスピードを落として通過しましょう。

雪道に慣れている僕でも、雪道の下り坂にある橋・トンネルは、
かなり神経を集中して運転するようにしています。

可能ならば、橋・トンネルのない道を選ぶようにしています。

雪道の下り坂はエンジンブレーキは逆に危険?

雪道に限らず下り坂のように自然とスピードが出てしまう道路では、
フットブレーキよりもエンジンブレーキを使ったほうが良いとも言われます。

フットブレーキを短時間のうちに何度も使っていると、
ベーパーロック現象が起きてブレーキの利きが悪くなり、
逆に危険な状況に陥ってしまうことがあるからです。

ベーパーロック現象とは、ブレーキの使用頻度が増えて
ブレーキオイル(ブレーキフルード)が加熱されていくことで、
内部に気泡が生じ、ブレーキ性能が下がってしまうこと。

ただ現在ではブレーキにも改良が加えられていて、
ベーパーロック現象は起こりにくくなっています。

以前はブレーキの仕組みはドラムブレーキといって、
ブレーキ内のドラムに対し内側から外側にパッドを押しつけて
摩擦力によって制動力を生み出していました。

現代ではドラムブレーキよりも高価なディスクブレーキが使われていて、
摩擦力で制動力を生み出す点は変わらないものの、
タイヤホイールの円盤(ブレーキローター)を
ブレーキパッドで両側から挟むこんでいます。

単純にブレーキパッドの数が2倍に増えるため、
1カ所当たりの摩擦による発熱量が抑えられ、
ベーパーロック現象は起こりにくくなっています。

逆にエンジンブレーキというのは、
エンジンの動力が伝わる駆動輪のみに対して
制動力を生み出します。

自家用車に良くあるFR車であれば
エンジンブレーキは前輪のみに制動力が働きます。

自転車に例えるとわかりやすいんですが、
スピードがついている状態で前輪だけブレーキをかけると、
後輪が浮いて前のめりになって転びそうになりますよね?

車でも同じようなことが起こり得るため、
エンジンブレーキだけで急激に減速しようとすると、
車の挙動が不安定になる可能性があります。

現代ではフットブレーキのベーパーロック現象は起こりにくくなっているし、
たいていの車にはABSも設置されています。

ABSでは車が滑ってロック状態になった時に、
小刻みにブレーキを利かせたり緩めたりすることで、
ロック状態を回避できるようになっています。

よほどスピードに乗った状態で急ブレーキをしない限り、
ABSでスピードを安全に落とせるようになっています。

エンジンブレーキでスピードを落とそうとするのではなくて、
あくまでもスピードを一定以下に保つために使うようにしましょう。

雪道の下り坂の前にABSの試利きをしておくと安心

雪道運転に慣れている人なら、やっている人は多いんじゃないかと思いますが、
路面の滑りやすさを確かめるために、試しに急ブレーキを踏むことがあります。

どのくらいの急ブレーキだと車が滑ってABSが働くのかがわかっていれば、
逆に安全な範囲で出せるスピードがわかりますし、
車が止まるまでにどのくらいの距離が必要なのかもわかります。

雪道の下り坂でスリップ!最終手段はこれ!

雪道の下り坂を走行中にもし、
スリップしたり横滑りしてしまった場合。

絶対にやってはいけないのは、
無理に車線に戻るようにハンドルを切らないこと。

すでに触れていますが、
FR車がスリップすると後輪側が流されているため、
元に戻ろうとする方向にハンドルを切ってしまうと、
後輪側がさらに流されるようになります。

スリップを通り越してスピンさせてしまうことになるので、
感覚的には理解しがたいものがあるものの、
スリップしたり横滑りしてしまった場合には、
滑った方向にハンドルを向けなければいけません。

また対向車線に車が走っていたり、
もしくはこのままだとスピードが速くなって、
ますます危険な状況になりそうな場合には、
覚悟を決めて路肩の雪山に車をぶつけていきましょう。

車にちょっとくらい傷がついてしまう可能性はありますが、
大事故を起こすリスクを考えると背に腹は代えられません。

ただ雪山だと思って突っ込んでみたものの、
雪の中に壁や木があったりして、
想定以上のダメージを受けてしまうこともあります。。。

帰りの上り坂の雪道ではスタックに注意

下り坂を運転するということは、
逆に帰り道では上り坂を運転することになるんじゃないでしょうか?

雪道の上り坂を運転する際には、
車のスタックに気を付けるようにしましょう。

スタックが起こりやすいのは
上り坂の途中にある信号で止まらなければいけないときです。

中学校や高校の物理で習ったのを覚えているかもしれませんが、
動いているときと止まっているときで摩擦力には違いがあります。

車が止まっている状態から動き出すには、
より大きな摩擦力が必要になるものの、
雪道でスリップしてしまうことがあります。

同じ場所でスリップした状態が続けば続くほど、
雪道がツルツルに磨かれてしまい、
摩擦力がますます働かなくなって、
ますます車が動かなくなります。

以前に比べると雪道の上り坂・下り坂の信号付近では、
何らかの融雪装置が備え付けられるようになっていて、
スタックするケースは減っているとはいえ、
あらゆる箇所でスタック防止されているわけではありません。

スタックから抜け出すためには、
まずはアクセルを慎重に踏んでいて、
極めて低速度で発進させてみること。

それでもだめな場合、近くに滑り止めの砂が置いてあれば、
全てのタイヤの下に砂をまいて発進させてみます。

車にスタック脱出用の道具があれば良いですが、
そういった道具がない場合には、取り外しできるフロアマットも、
滑り止めとして代用が利きます。

雪国で車を運転するドライバーの常識

最後に雪国で車の運転をする人であれば、
誰でも知っている常識をいくつか紹介します。

  • サイドブレーキは引かない
  • ワイパーを立てる
  • 車の中に雪を入れない
  • スノーブラシ・雑巾を常備する

サイドブレーキは引かない

気温が零度を下回るような環境では、
屋内でも屋外でもどちらでも、
サイドブレーキは引かずに車を駐車させます。

サイドブレーキも結局は、
金属板と金属板の物理的な接触によって制動力を生み出していますが、
気温が下がると金属板同士が凍ってくっついてしまうことがあります。

実際に僕が友達と別々の車で
市内のスキー場のナイターに行った時のこと。

僕はサイドブレーキをかけちゃいけないことは知っていたものの、
友人は本州から来て最初の冬だったため、
そんなことは知りませんでした。汗

サイドブレーキをかけてほんの2,3時間駐車下だけで、
サイドブレーキが凍り付いてしまい、
車がほぼ動かない状態になっておりました。汗

その後、駐車場でもがくようにアクセルをふかしていたら、
少しずつ車が動くようになって、ノロノロ運転ではありますが、
無事に車に乗って家に帰ることができました。

ワイパーを立てる

サイドブレーキと同じくワイパーも凍りつきます。

雪が降る日でも振らない日でも、
車を駐車させて翌朝まで乗らないのであれば、
ワイパーを立ておかないとフロントガラスにへばりつきます。

ただ雪国の人でもワイパーを立て忘れることがあって、
フロントガラスにへばりついたワイパーを
無理矢理はがさなければいけません。

その際もちろん、ワイパーのゴムの劣化も速めてしまい、
ワイパーをかけると線を引くようになります。汗

車の中に雪を入れない

雪が降っている日や、
前日に大雪が降ったような日には、
車の中に雪を入れないように気を付けましょう。

車を走らせて車内がだんだんと温まってくると、
雪が解けて水となり、水蒸気へと変わっていきます。

当然、フロントガラスなどが結露して曇るようになり、
視界がものすごく悪くなります。

結露の発見が遅れるとそれこそ、
フロントガラスが真っ白になって、
視界ゼロに近い状態になります。

コートや頭の上に積もった雪はしっかり払い、
さらにボディとドアの境目に積もった雪も払うようにしましょう。

スノーブラシ・雑巾を常備する

車に積もった雪を払うのにスコップやスノップは使えません。

スノーブラシといって車の雪かき専用の道具があるので、
雪道を走るときには確実にスノーブラシを積んでおきましょう。

スノーブラシには雪を落とすだけじゃなくて、
凍りついたフロントガラスの氷をガリガリ落とすこともできます。

同じように雑巾も雪道では用意しておくと良いです。

フロントガラスの結露をふき取ることができるし、
スキーとかに行くのであれば雪まみれになったスキーから、
雪を落とすのに使うこともできるので、一つあれば便利ですよ。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする