インフルエンザでバファリン飲んでしまった【インフルエンザとバファリン】

インフルエンザとは知らずに、
解熱のためにバファリンを飲んでしまった!?

もしくは、インフルエンザのときには、
バファリンを飲むのは止めたほうが良いとは知らずに、
小児用バファリンチュアブルなどを、
子供に飲ませてしまった!?

そんな時はどうすれば良いんでしょうか?
インフルエンザとバファリンの服用についてまとめています。

結論から言うと、バファリンAや、
風邪薬・シロップタイプのバファリンじゃなければ、
インフルエンザでバファリンを飲んでしまったとしても、
それほど心配はありません。

関連ページ:インフルエンザの抗生剤(抗生物質)併用|禁忌のインフル抗生剤は?

大半のバファリンならインフルエンザでも安全だと考えられます

インフルエンザのときには、
バファリンを飲んじゃいいけない。

つまり、禁忌だと言われていたのは、
アスピリン(アセチルサリチル酸)が使われていたからです。

けれども最近のバファリンに関して言えば、
アスピリンが使われているのはごく少数です。

解熱鎮痛効果のあるバファリンの中で、
アスピリンが使われているのはバファリンAしかありません。

  • バファリンプレミアム
  • バファリンルナi
  • バファリンルナJ
  • 小児用バファリンCⅡ
  • 小児用バファリンチュアブル

なら、インフルエンザ中に服用しても大丈夫です。

上記のバファリンには、
インフルエンザにかかっているときでも、
安全性が高いと言われている成分

  • アセトアミノフェン
  • イブプロフェン

のどちらか、もしくは両方が使われています。

 バファリンAや風邪薬・シロップタイプは避ける

バファリンAには、
インフルエンザ脳症を起こす危険が指摘されている
アスピリンが使われています。

他にも、

  • バファリン かぜEX錠
  • バファリンジュニア かぜ薬
  • キッズバファリン シロップS
  • キッズバファリンかぜシロップS,P、O
  • キッズバファリンせきどめシロップS
  • キッズバファリン 鼻炎シロップS

といったバファリンもありますが、
これらは風邪薬もしくは鼻炎薬です。

アセトアミノフェンが入っているものもあるので、
インフルエンザに効く可能性はあるものの、
そもそもの用途が違っているので服用は避けたほうが良いモノです。

仮に飲んでしまったとしても、
アスピリンが含まれているわけではないので、
特に心配することはありません。

インフルエンザ脳症について

脳内にウィルスが侵入して
炎症を起こしてしまった状態です。

5歳くらいまでの幼児が発症しやすく、
意識障害、けいれん、異常行動など神経症状
などが急速に進行進行します。

血管が詰まった臓器不全に陥り、
死に至る危険もあるので注意が必要です。

病院で処方されるアセトアミノフェン薬

アセトアミノフェンは病院で処方される薬でも
使われることが多い成分です。

具体的には、
カロナール、タイレノール
といった経口薬(飲み薬)のほか、

アルピニー100、アンヒバ200
という座薬として処方されることが多いです。

アルピニーとアンビバの後ろの数字は、
アセトアミノフェンの配合量です。

100とはつまり100mg配合
しているということです。

 アセトアミノフェンの用量・用法

アセトアミノフェンは安全性が高いものの、
だからと言ってガバガバ飲んでよいものではありません。

1日に服用して良い量が決まっています。

大人の場合には、
1回300mg~1000mgで
1日4000mg以内。
服用間隔は4~6時間以上

子供の場合には、
1回500mg以内で
1日1500mg以内。
服用間隔は4~6時間以上。

子供の1回用量に関しては、
体重に応じて次のような指針もあります。

  • 5kg  50-75mg
  • 10kg 100-150mg
  • 20kg 200-300mg
  • 30kg 300-450mg

ちなみに、各バファリンの、
アセトアミノフェン・イブプロフェンの
含有量(1錠あたり)は、こんな感じになっています。

参考サイト:バファリン総合トップ > 商品を探す
バファリンは解熱鎮痛薬ですが、頭痛をはじめ生理痛から腰痛まで、あらゆる症状に対応します。
あなたの症状に合ったバファリンをお選びください。

バファリンプレミアム

イブプロフェン   65mg
アセトアミノフェン 65mg

バファリンルナi

イブプロフェン   65mg
アセトアミノフェン 65mg

バファリンルナJ

アセトアミノフェン 100mg

小児用バファリンCⅡ

アセトアミノフェン 33mg

小児用バファリンチュアブル

アセトアミノフェン 50mg
バファリンルナJ、小児用バファリンCⅡ、

小児用バファリンチュアブルは、
大人でも飲んでも構いません。

 副作用の危険性はゼロじゃない

アセトアミノフェンを服用したとき、
まれに副作用が起きることがあります。

必要以上に飲みすぎてしまうと、
腹痛や下痢を起こしたり、
肝臓の調子が悪くなることがあります。

他にも、

  • 皮膚粘膜眼症候群皮疹
  • その他のアレルギー症状・過敏症状
  • 黄疸

が見られることもあるので、
副作用が気になるレベルであれば、
お医者さんに見てもらうようにしましょう。

 生後3か月未満の新生児には未確認

アセトアミノフェンは
新生児に飲ませても問題ないのかというと、
まだ確認が取れていないのが現状です。

なので、新生児にインフルエンザの疑いがある場合、
市販薬を飲ませて対応するんじゃなくて、
すぐにでもお医者さんに診てもらうようにしましょう。