ボーナス使い道|20代独身女性・男性の夏のボーナス使い道は?

 [投稿日]2014/08/27[最終更新日]2018/06/29

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は6分で読めます

GB962a

最後にボーナスをもらったのはいつだったのか思い出せないんですが(笑)、まだ20代で独身の若造だったので、10万円くらいを使って服を買い、彼女(今の奥さん)にアクセサリーを買ってあげた後は貯蓄に回したような気がします。というか、さしあたってすごく買いたい!っていうものがなかったから「とりあえず貯金しとくか。」くらいの軽いノリです。

独立してからは当たり前ですが、ボーナスなんて誰かからもらえるわけはなく、ボーナスの使い道なんて真剣に考えてこなかったものの、共働きしている奥さんは割と計画的にボーナスを使っているので、自分の嫁ながらしっかりしているなぁなんて思いつつ、世の中の人はどんな風に使っているんだろう?とちょっと気になったので調べてみました。

もちろん、10年前、20年前と年代が変わればボーナスの使い道も変わってくるはずなので直近の2013年のアンケート調査をいくつか見つけてデータをまとめてみたところ、こんな結果になりました。

■ボーナスで使う予定のもの(使ったもの)(複数回答)
【1位】預貯金59.8%
【2位】生活費の補てん36.5%
【3位】ローン・借金の返済22.3%
【4位】国内旅行の費用21.3%
【5位】家電、電気製品の購入12.3%
【6位】金融商品の購入(投資)11.1%
【7位】外食10.4%
【8位】子どもの教育費9.1%
【9位】洋服・ファッション用品の購入8.7%
【10位】海外旅行の費用6.9%
【11位】親・配偶者・子ども等のプレゼントの購入5.2%
【12位】バイク・自動車5.2%
【13位】PC・タブレット・スマートフォンの購入4.7%
【14位】家具の購入3.1%
【15位】美容関連への費用2.4%
【16位】住宅の購入0.9%

20~30代男性だと「投資」が多く17.3%となり、
20~30代女性:ファッション、外食、美容が多い傾向があるようです。

引用サイト:2017年最新!ボーナス使い道ランキング

ちなみに、過去(2013年)のアンケートだと、こんな結果になっていました。

【1位】ローン返済
【2位】貯金
【3位】旅行・外出
【4位】子供の教育費
【5位】投資

1位がローン返済だったことに関しては思わず「あ、そうか、そうだよね。」っていうものでした。我が家は特にどこかに借金しているわけでも、親の借金を引きずっているわけでもなく、家や車とかを買ってそのローンを払っているわけでもないので、ちょっと現実感がなかったのですが、世の中一般的に見ればボーナスを使ってローン返済するっていうのはものすごく一般的なことなんだなぁって改めて気づかされました。

そして個人的にちょっと意外だったのは、家電とかアクセサリーとか服とか、そういった消費に回す割合は案外少なくて5位にすら入らず、その代わり旅行とかに回す人が多いんだということ。やっぱり「物より思い出」なんですかね~~ww そう思うと、ボーナスっていうのは家庭を持つようになってからこそ、本当の意味で使い道を考えなきゃいけないんでしょうね。

冬のボーナスは年末年始前のちょうど良いタイミングでもらえますから、帰省はもちろん、ちょっと足を延ばして海外旅行に行く費用に充てる人も多いんじゃないかと思います。4位に子供の教育費が入っているところを考えても、ボーナスはやっぱり子供ありきで考えるのが普通になるんでしょうね。

ちなみに我が家でボーナスを唯一もらっている嫁はというと、基本的に僕が「自分で稼いだお金は自分の好きに使いな!」というスタンスでいるので、詳しい内訳はよくわかりませんが、半分くらいは貯金して、あとは自分の買いたい家電(冷蔵庫とか掃除機とかww)を購入したり、僕らに食事をごちそうしてくれたりします☆

あと忘れちゃならない5位の【投資】について。金額的に決して大金ではないもののボーナスの使い道に投資を考える人もいて、毎月給料が安定してもらえるサラリーマンの中にも、将来のことをきちんと考えている人がそこそこいるんだなぁなんて思い、感心した部分があるんですが、ここで4位の教育費について、改めて考えておきたいことがあります。
子供の教育費っていっても、おそらくは、高校入学・大学進学なんかに備えてとりあえず貯金しているだけなんじゃないか?という気がするからです。もちろん、入学・進学が来年に迫っている場合にはそのための費用に充てるんでしょうが、どちらかというと、子供の教育費は「将来の出費リスク」の一つとして考えているような気がします。

それならば、子供の教育費は学資保険に回して「投資」として扱うべきじゃないのか?という気がするわけです。みんな知っているようで、それでいて都合よく忘れる事実として、お金には現在価値で考えなければいけない性質があり、年を追うごとに価値がドンドン目減りしてしまいます。日本のGDPがマイナス成長を続ければ1万円の価値は逆に年々上がっていくのでしょうが、順調とはいかないまでもGDPが拡大している以上、それだけ物価は上がります。つまり、給料をはじめとした手持ちの資産価値も上がっていかなければ、今まで通りの生活を維持するのがいずれできなくなってしまいます。

なので僕はおカネをただ貯金するというのはあんまり好きではなくて、目的が決まっている貯金ならばドンドン投資したり学資保険なんかを活用すべきだと考えています。もちろん、手元に現金資産があったほうが良いので、ある程度はきちんと残しておいて、将来のリスクに備える分は財布を別にする感覚できちんと残しておいた方が、数年後、10年後、20年後になって、きっと「あの時、きちんと分けておいてよかった。。!」と思えるようになるはずです。

特に純粋に投資にお金を回す場合には、「お金でお金を回す」ことがまずは1つ目の目標になりますので、頻繁にお金を出し入れするんじゃなくて、利回りがきちんと計算できるように別口座を作るとかそういった工夫が必要です。

ボーナスの使い道なんて本当に人それぞれで自由にやってしまって全くかまわないと思いますが、「何に使ったのか思い出せない。汗」みたいに、なんとなく使ってしまわないように気を付けるべきではありますよね。

日経新聞の記事から投資信託についてまとめてみた。

投資というと、
危ない!
おっかない!
騙される!
みたいなイメージが
つきまといます。

確かにFXで何百万、何千万円も失った
という話もチラホラ見かけますが、
実際には、そんなに身構える必要はありません。

きちんと知識を身に着けていけば、
初心者でも意外と投資で儲ける
ことができますよ。

投資信託とは?

これから投資を始める場合には、
株式投資とか先物取引とかよりも、
投資信託(投信)
がおすすめです。

なんとなく聞いたことがある程度
だとは思いますが、
投信も金融商品の一つです。

株式投資をする場合は、
1銘柄ごとに投資をするため
一銘柄の株価の影響がダイレクト
資金に響いてきます。

それに対して、投資信託の場合は、
たくさんの投資家から金融機関が資金を集め、
複数の銘柄に投資していきます

たくさんの銘柄に分散投資することで、
ある銘柄の株価が下がったたとしても、
別の銘柄の株価が上がることで損失をカバーでき、
より安定して利益が出せるようになります。

投資信託の投資対象は、株式以外にも、
債権や不動産など、いろいろなものがあります。

  • 国内株式型
  • 海外債券型
  • 不動産投資信託(REIT)※国内外

と言ったタイプがあるのですが、
バランス型と言って、株式と債券の
両方に分散投資するタイプもあります。

株式と債券の値動きは、
逆になるケースが多くて、具体的には、
株価が上がれば債券価格は下がる
ことがよくあります。

反対の値動きをすることが多いことから、
運用の安定性が増すわけです。

ちなみに、投資信託は、各金融機関で
様々な名称で販売されています。

より条件の良いものを選ぶのが、
投資信託の最大のポイントになります。

投資信託のメリット 小資金&低リスクで始められる

投資信託は、株式投資や不動産投資に比べ、
ずっと安い金額で始めることができます。

1万円くらいから始めることも可能で、
ネット証券では500円単位で投資できる
投資信託が販売されていたりします。

それにどの銘柄に投資しなければいけないのか?
というのを考えるのは、金融機関の担当者
(ファンドマネージャー)の仕事になりますので、
私たちは何もする必要がありません。

ファンドマネージャーが適切な銘柄を選んで、
適切な資産配分で投資をしてくれるので
リスクも非常に小さくなります。

投資信託のデメリット 元本割れ&割高な手数料

投資信託は銀行に預金をする場合に比べると、
ずっと高い運用益を受け取ることができます。

ただその分、銀行預金とは違って
元本保証がありません

運用結果によっては
元本割れしてしまうリスクがあります。

リターンが増えるというのはそれだけ、
リスクも大きくなるのが投資の世界ですから、
元本割れのリスクがあることは十分に、
理解しておく必要があります。

他にも、通常の株式投資などに比べて
手数料が割高になるケースが多いです。

あなたに代わってファンドマネージャーが、
分析作業は売買判断をしていくわけですから、
投資代行手数料みたいな感じですね。

償還期間(満期)も決まっていますので、
仮に償還日よりも前に、資金を引き上げる場合にも、
やはり違約金みたいな形で手数料が取られてしまいます。

自分自身も分散投資させることが重要!

投資信託はこのように、
銀行預金と株式投資などの中間的な性質
を持った金融商品と言えます。

株式投資などと同じように、
元本割れリスクがあるものの、その代り、
銀行にお金を預ける感覚で投資ができて、
預金利率よりも運用益が高くなるのが、
投資信託というわけです。

投資信託を始めるにあたって、
他にも注意点を上げていくと

1.一つの投資信託に大金を突っ込みすぎない

1つの投資信託に対して、
余裕資金を全部突っ込むのは、
避けるべきです
できるだけ複数の投資信託に分散投資をして、
運用益を激しく上下させないようにしましょう。
たとえば余裕資金が100万円あった場合、

  • 最も利率の良い投資信託に50万円
  • 次に利率の良いものに30万円
  • 利率は低いけれど償還が早いものに20万円

みたいな感じで、
いくつかの投資信託に
資金を分散していきます。

2.余裕資金でやる

生活費の一部を投資信託で稼ぐ、
というのはやめておいた方が良いです。

投資というのは、よほどのことがない限り、
将来のためにやるものです。

目先の利益を求めて投資しようとすると
たいていの場合は失敗してしまいます。

投資は長い目で見たほうが結果として、
上手く利益を出していけるものなので、
生活費まで投資信託に回すようなことは、
絶対にやめておきましょう。

3.保険も活用する

子供の大学進学に備えて投資をするなど、
目的がはっきりしているなら、
その目的に合わせた投資対象
を選ぶこともできますね。

教育費が目的であれば
学資保険があります。

他にも、老後資金が目的ならば、
個人年金という手段もあります。
目的が絞り込めるのであれば、
より有利な金融商品が用意されていたりするので、
最寄りの金融機関で相談してみるのも良いですよ。

4.やはり投資の勉強は必要

投資信託は、株式投資などに比べると、
勉強すべきことがずっとずっと少ないものの、
だからと言って全く勉強しないのはまずいです。

投資の世界で最大の武器は知識です。
逆に言うと知識がなければ、
簡単に騙されたり損をさせられたりします。

知識があれば防げたはずの損を出さないように、
投資を始めるからには、とにかく勉強を始めましょう。

関連記事

  1. beautiful-girl-2003647_640
  2. washing-machine-943365_640
  3. car-repair-362150_640

おすすめカテゴリー記事

  1. flour-791840_640
  2. pay-937884_640
  3. man-520042_640
  4. food-4509_640

最近更新した記事

  1. 東京駅に近いのは羽田空港?成田空港?東京ドームが近いのは? 2018/09/22更新
  2. 養育費の確定申告|養育費・慰謝料の確定申告で扶養控除・税金還付? 2018/09/22更新
  3. 乾電池捨て方|使い終わったボタン電池廃棄方法や未使用の寿命は? 2018/09/22更新
  4. スライドドア途中で止まる|スライドドア開かない原因と対策 2018/09/21更新
  5. 無収入の住民税はいくら?前年度収入なし・無所得の住民税は? 2018/09/21更新
  6. 過炭酸ナトリウム@ダイソー|洗濯槽・洗濯機も過炭酸ナトリウム! 2018/09/21更新
  7. 子供が朝起きない原因|朝に弱い・起きれない子供を起こす対策 2018/09/21公開
  8. 単身赴任の週末過ごし方|帰省する?暇で何もしないなら酒よりトレーニング 2018/09/20公開
  9. 車の雨漏り修理費用|サンルーフ雨漏り原因はコーキングで応急処置? 2018/09/19更新
  10. 花火ろうそく立て代用|ろうそくが消えないコツは?風よけ・立て方は? 2018/09/19更新
  11. オルタネーター交換費用|オートバックスのオルタネーター交換工賃は安い? 2018/09/19更新
  12. 東京マグニチュード8.0伏線ネタバレ考察|うざい未来の弟 悠貴の死因は? 2018/09/19更新
  13. ディズニー当日券 並ぶなら何時から?コンビニチケットは? 2018/09/19更新
  14. タイヤひび割れ原因と補修・交換時期|側面のひび割れは大丈夫?車検は? 2018/09/19公開
  15. パスポート洗濯で水没|濡れたパスポートの再発行は?icチップは? 2018/09/14更新

アーカイブ

これからアルバイト探し