妊娠線がかゆい!産後にできたかゆい妊娠線を消すクリームは?

 [投稿日]2017/10/25[最終更新日]2018/01/20

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は4分で読めます

この記事は下記のような悩みを持っている方に特におすすめです。

  • 産後にお腹にピンクや白、紫色の肉割れ線ができてしまった。
  • お腹のボコボコが産後いつまでたっても消えない
  • お腹や太もも、お尻を触るとザラザラしている
  • 恥ずかしくて水着を着る気になれない

産後にかゆい妊娠線ができてしまうのは、
肌の乾燥と肌の新陳代謝の悪化が原因。

肌が乾燥することでシワができやすくなるうえに、
新陳代謝が遅くなることで、
産後でダメージを受けた肌の再生力が低下。

お腹の肌は本来であれば、
柔軟な性質を持っています。

けれども産後に極端にお腹の肌が伸びることで、
肉割れ(妊娠線)が起きてしまいます。

肉割れ(妊娠線)による傷は、
放っておいても治ることはありません。

かゆみや痛みが消えるどころか、
症状が悪化して産後にできた妊娠線が
さらに深く刻まれることもあり得ます。

産後にできたかゆい妊娠線を消すにはとにかく、
肌の乾燥を改善し、新陳代謝を高める必要があります。

そこでおすすめなのが、
ノコアという妊娠線クリームです。

妊娠線ケアのために設計されたクリームで、
シアバターなどの天然オイル成分で肌を優しく保湿。

さらに肌の新陳代謝を効果的に促してくれる
FGF(成長促進因子)も配合。

無添加なので、産後のデリケートな肌でも、
もともと敏感肌でも痒みが起きることはほとんどなく、
安心して使うことができます。

今ならノコアはセット割引してくれるし、
何よりも返金保証がついています。

効果がなければ無条件で返品できるので、
お金を1円も無駄にすることなくお試しできますよ。

時間の経った古い産後の妊娠線も癒してくれる
ノコアを返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓

お腹に妊娠線ができる原因

私たちの肌は、引っ張れば伸びる柔軟性を備えています。

けれども妊娠中の様に、
お腹の皮膚が極端に伸ばされてしまうと、
皮膚組織に傷(肉割れ)が入ってしまいます。

肉割れが肌の奥まで達してしまうと、
肌の弾力を担っているコラーゲン組織を破壊。

コラーゲンは水分を蓄えることで、
お餅のような弾力を持つものの、
肉割れがコラーゲン組織まで及ぶことで、
コラーゲンから水分が奪われます。

その結果、コラーゲンが乾燥して、
ある意味、乾いたお餅のようになり、
ひび割れが悪化するわけです。

妊娠線が産後にできてしまうのは、
コラーゲンが破壊され、絶対量が不足している影響で、
肌が乾燥しやすくなっていることがまず一つ。

そしてもう一つは、
肌の新陳代謝が低下していること。

私たちの肌は薄い皮膚が何枚も重なった構造をしています

本来であれば傷ついた皮膚は
どんどん肌から垢となってはがれるはずが、
新陳代謝が遅くなることではがれにくくなり、
傷がいつまでも肌に残ってしまうわけです。

肉割れ(妊娠線)の傷がそれほど深くなければ、
産後に放っておいても治る可能性はあるものの、
産後にできた妊娠線が目立つ場合は、
2つの原因に対して適切な対策をする必要があります。

妊娠線の症状悪化に注意!

産後にできたかゆい妊娠線の怖いところは、
悪化すればするほど治るまでに
時間と手間がかかってしまうこと。

丁寧に妊娠線の予防ケアで保湿をしておくのがベストですが、
出産目に妊娠線予防が不十分だった場合には、
妊娠線の産後のアフターケアにしっかり力を入れるべきです。

私たちの体には「現状維持機能」みたいなものがあり、
同じ状態が続けば続くほど、その状態が正常だという風に
認識するようになるんです。

つまり産後にできた妊娠線を長く放っておけばおくほど、
お腹に妊娠線があるのが正常なんだと、
肌が勘違いを始めてしまうわけです。

現状維持機能が働く前であれば、
産後にできたかゆい妊娠線も
比較的早く改善することができますよ。

妊娠線の正しいケア方法

産後にできたかゆい妊娠線を消すには
どんな風にケアしなければいけないのか?

やるべきことは2つです。

肌をしっかり保湿すること

産後にでけいた妊娠線がかゆくなったり赤くなってしまうのも、
肌が乾燥しているからです。

乾燥した肌はバリア機能が低下しているため、
外部の刺激を受けやすくなっています。

そのため、免疫力が肌を守っているわけですが、
免疫力は常に適度なバランスで働くわけではありません。

特にダメージを受けやすくなっている肌だと、
免疫力に過剰に反応して、アレルギーに似た症状を
起こしてしまいます。

肌が炎症して赤みが目立つようになったり、
ヒスタミンという痒み物質が分泌されて、
お腹のかゆみや痛みにつながってしまいます。

肌をしっかり保湿するためには、
とにかく肌表面を保護することです。

肌のバリア機能を強化して、
肌内部の水分蒸発を防ぎつつ、
外部の刺激に対する抵抗力を強めます。

バリア機能が十分に働いていれば、
かゆみや痛み、赤みを抑えられるのはもちろんのこと、
肌の新陳代謝がスムーズに進みやすくなります。

ちなみに、私たちの体の約60%は水分です。

つまり肌の外側からわざわざ水分を補わなくても、
私たちの体内には十分すぎるほどの水分があるんです。

肌の保湿で肝心なのは、肌内部の水分が、
蒸発するのを防ぐことなんです。

肌の新陳代謝を促すこと

新陳代謝が遅くなることで、
保湿力が低下した古い皮膚で
肌を守らなければいけません。

肉割れ(妊娠線)で傷ついた皮膚がいつまでたっても、
剥がれずに肌に居座るからこそ、
産後にできた妊娠線が気持ち悪く目立つわけです。

古い皮膚は当然、バリア機能も低下しています。

ある意味、ヨボヨボのおじいちゃんが、
老体に鞭を打って肌を守っているようなものです。

肌の新陳代謝を促して、
保湿力もバリア機能も高い皮膚を、
どんどん生成していかなければ、
産後にできたかゆい妊娠線を改善することはできません。

傷ついた古い皮膚を、
ぴかぴかの新しい皮膚へと交換して初めて、
産後にできたかゆい妊娠線を消すことができます。

おすすめの妊娠線クリーム

産後にできたかゆい妊娠線を消すためにやらなければいけない
2つのこと

  • 肌をしっかり保湿すること
  • 肌の新陳代謝を促すこと

を同時に実現しつつ、
さらに妊娠線に悩むママのために造られたのが
ノコアという妊娠線クリームです。

ノコアには、保湿力に定評のある
シアバターを配合。

皮脂の主成分となっているオレイン酸が豊富で、
抗酸化・皮膚保護作用にも優れています。

さらに肌の奥から肌の新陳代謝を促すために、
浸透型ビタミンC誘導体とFGFを配合。

繊維芽細胞という肌の奥でコラーゲンの生成を担っている
細胞の働きを活性化させると同時に、
肌の新陳代謝も促してくれます。

産後で抵抗力が弱っているママさんも安心して使えるように、
石油系界面活性剤、パラベン、鉱物油といった刺激物は一切不要。

実際に使ってみた人の感想をまとめると、
4週間で90%が効果を実感していますよ。

ノコアの口コミの一部

3日目にて妊娠線が薄くなり、五日目に太ももの肉割れが消えてたからびっくりしました。

1ヶ月使用しました。かゆい妊娠線がだんだん薄くなってきたのが感じられます。 消えるまで続けようという気になりました。

少量でよく伸びて、匂いもさっぱりしていてとてもしっとり保湿できます。 また無くなったら買います。

ノコアは返金保証付きでお試しできます。

妊娠線クリーム「ノコア」は単品でも購入することはできるんですが、
セット購入の方が断然お得です。

  • 2本セット(ノコアクリームX2)
  • 浸透セット(VCオイルとノコアクリーム)

が用意されているんですが、
いずれも送料無料となる上に返金保証がついています

効果を実感できなければ、
理由を問わず無条件で返品してくれるので、
お腹だけじゃなくてお財布にも優しくお試しできますよ。
↓↓↓

ノコアの口コミ(随時更新)

いつから妊娠線が出るのかは知りませんが 今は出ていません! 香りもよく、保湿性も高いので満足しています!

まだ使って2日くらいなのであまりわかりませんがお腹の妊娠線は薄くなりました。

初期から使っているからか、酷い妊娠線はできた事がないです。もうすぐ9ヶ月ですが妊娠線はできていません。

使い始めてまだ数日、妊娠線の盛り上がりが低くなり、薄くなりつつ有ります。 驚きです!

関連記事

  1. N695_ichimanensatu500
  2. IMG_2158
  3. fire-3314_640

おすすめカテゴリー記事

  1. IMG_1545
  2. chopsticks-362621_640

アーカイブ

これからアルバイト探し