車樹液落とし方|樹液除去対策には粘土?コンパウンド?お湯?

 [投稿日]2018/07/31

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は4分で読めます

車の塗装(ボンネットや屋根)や窓ガラスには、
花粉、黄砂、水垢などさまざまな汚れが付着しますが、
その中でも特に洗い落とすのが厄介だと言われるのが樹液。

松ヤニや竹の樹液など、種類はいくつかあるものの、
時間が経てば経つほど硬くなるので洗い落とすのは非常に大変な作業になります。

無理に樹液を取ろうとすると、塗装やガラスに傷をつけてしまい、
そこから錆が広がることだってあります。

車の塗装についた樹液を落とすには、

  • 厚手のクロスでこすり落とす
  • 熱湯(80度)で柔らかくしてはがす
  • 台所用洗剤でふき取る
  • 溶剤(アルコールやエタノールなど)で溶かす

といったやり方があり、それぞれについて詳しく説明していきます。

車の樹液除去前にカーシャンプーで洗車

車が樹液で汚れやすいのは、
植物の活動が盛んになる時期とほぼ一致します。

つまり春先の新緑の時期から、
夏を過ぎて仲秋までは樹液被害に警戒をしたほうが良いです。

松や竹、欅といった樹液がポタポタと落ちてきそうな木の下には、
車を長時間に渡って注射しないように気を付けましょう。

車の樹液を本格的に洗い落とす前に、
まずはカーシャンプーなどでいつも通りに洗車をしておきます。

樹液が付着しているということは、
その他の汚れも車に付着していると考えられます。

樹液を除去している最中に、こうした汚れによって、
車の塗装に傷をつけてしまう可能性があるため、
樹液以外の汚れをきれいに洗い落としておく必要があります。

また、樹液が付着してまだ時間がそれほど経過していなくて、
樹液が和らいままだと、カーシャンプーで洗車をするだけで、
樹液を洗い落とせることもあります。

車のボンネットや屋根についた樹液の落とし方

カーシャンプーで洗車をした程度では
樹液を落とすことができなかった場合、
どんな方法で樹液除去できるのかというと、

  • 厚手のクロスでこすり落とす
  • 熱湯(80度)で柔らかくしてはがす
  • 台所用洗剤でふき取る
  • 溶剤(アルコールやエタノールなど)で溶かす

といったものがあります。

厚手のクロスでこすり落とす

厚手のクロス(布)で樹液を強くこするだけでも、
樹液をはがせることがあります。

厚手のクロスがなければバスタオルでも構いません。

ポイントは水をたっぷり含ませて、クロスの重量感を高めて、
樹液に対する圧力を高めること。

なおかつ樹液に水分を吸わせることで樹液を柔らかくすることで、
樹液を剥がれ落としやすくなります。

熱湯で柔らかくしてはがす

樹液がカチコチに硬くなるのは水分が蒸発して冷えるからです。

そこで70度~80度くらいの熱湯で樹液をふやかすことで、
樹液をはがし落としやすくなります。

樹液は多粘性物質という油脂と糖分が結合した物質ですが、
熱湯を加えることで結合力を弱めて、はがし落としやすくなります。

ちなみに、車の塗装に熱湯をかけても問題ないの?
塗装が剥がれたりシミができないの?と不安を感じるかもしれませんが、
車の塗装はそもそも、200度近い高温で焼きつけるように塗装されています。

100度の熱湯をかけたくらいでは塗装にはほぼ何の問題もありません。

もし、樹液がぽつぽつと広範囲にわたって車の塗装に付着している場合は、
車の塗装部分にタオルを敷いてその上に熱湯をかけるようにすれば、
長時間、樹液を熱することができるので、拭き取りやすくなります。

台所用洗剤でふき取る

付着してからまだ時間があまり経過していない柔らかい樹液であれば、
台所用洗剤で溶かすようにふき取ることができます。

台所用洗剤に含まれる洗浄成分によって、
熱湯をかけた場合と同じく樹液の結合力を弱めることができるからです。

ただ、樹液に対する洗浄力はそもそもあまり強くないので、
樹液が落ちないからと言って強くこするのは避けましょう。

溶剤(アルコールやエタノールなど)で溶かす

アルコールやエタノールといった溶剤を使うことで、
樹液を落とす方法もあります。

樹液に含まれる油脂成分を溶剤によって分解することで、
樹液の結合力を弱め、はがし落としやすくなります。

アルコールやエタノールのほかにも、
アルカリ性の強い強力なクリーナーが溶剤代わりになるし、
ちょっと変わった溶剤としてエンジンクリーナーもあります。

エンジンクリーナーは車内のタバコのヤニ除去にも使えるものの、
気を付けたいのは溶剤によって塗料の一部がはげたり薄くなって、
シミができてしまうことがある点。

アルコールやエタノールなどの溶剤を
塗装面に長時間続けて付着させないように気を付けましょう。

塗装を強くこすらないように気を付ける

熱湯や台所洗剤、アルコールやエタノールなどの溶剤を使う場合、
いずれにしても気をつけなければいけないのは、
強くこすりすぎてしまうこと。

塗装面を強くこすると、それだけで塗装に傷が入ってしまい、
車の表面に錆が広がってしまう可能性が高くなります。

また、樹液以外にも、花粉や砂・泥などの汚れが残っていると、
そうした汚れによって塗装面を傷つけることになってしまいます。

何が何でも樹液を落とそうと必死になるのではなくて、
ある程度は力を抜いてはがし落とす(ふき取る)ようにしましょう。

車に付着した樹液放置は腐食の危険が高い

車の塗装に樹液が付着しただけでは、
確かに運転に支障が出るわけでもないし、
車検で落とされるようなこともありません。

だからと言って、樹液をそのまま放置するのは危険だし、
樹液が自然とはがれる期待もほとんどありません。

樹液には様々な汚れが含まれていることが多く、
たとえば花粉や黄砂、虫の死骸などが含まれていることがあります。

他にも虫の糞なども含まれていたりして、
こうした物質は酸性の性質を持っていることがあり、
車の塗装面を腐食させる危険があります。

樹液がついた部分から徐々に錆が広がっていき、
塗装の塗り直しにかなりの費用が掛かったりするので、
樹液が車の塗装面についたのが発覚したら、
早目の除去対策が欠かせません。

車の樹液を洗い落としたらシミができた?

車の樹液を洗い落とすことができたモノの、
塗装面にシミのようなものができてしまった!?
ということが起こることがあります。

溶剤などを使ったのであれば、
塗装が薄く剥がれた可能性がありますが、
樹液の部分だけ水垢も一緒に洗い落とすことができた可能性もあります。

水垢が取れたきれいなった部分が逆に、
シミのように見えてしまっているわけです。

この場合には、水垢を落とす作業が別途必要になり、

  • カーシャンプーで洗車
  • 食器用洗剤で洗う
  • お酢で洗う
  • メラミンスポンジでこする

といったもので洗い落とすことができるし、

スーパーピカピカレイン
ペルシード ナチュラルガラスエッセンス

といったもので水垢予防ができます。

関連記事

  1. frog-897418_640

おすすめカテゴリー記事

  1. 8number_camp

最近更新した記事

  1. 車浸水どこまで|浸水したら対策は?水没車は保険修理可能? 2018/10/03更新
  2. Reboot and Select proper Boot device直し方|bios再起動? 2018/10/03更新
  3. 年賀状旧姓入れ方・書き方|旧姓はいつまで?年賀状の宛名マナーは? 2018/10/03公開
  4. エイジスト美容液口コミ|エイジスト通販最安値は楽天?amazon? 2018/10/02更新
  5. ホホバオイルの唇シミ消す効果|唇色素沈着をホホバオイルで消す! 2018/10/02更新
  6. 村上海賊の娘あらすじネタバレ|実写映画化の登場人物・キャスト予想 2018/10/02更新
  7. 二世帯住宅・同居に送る年賀状の宛名は連名? 2018/10/02公開
  8. マルガレッタ効果口コミ|マルガレッタ最安値は楽天?アマゾン? 2018/10/01更新
  9. シズカゲル最安値はアマゾン?楽天?【シズカゲル効果口コミ|】 2018/10/01更新
  10. 新幹線改札通り方|切符2枚同時に入れる?suicaで改札出るには? 2018/10/01公開
  11. アイアクト評判口コミ|アイアクトは眼瞼痙攣に効果なし?最安値は? 2018/09/28更新
  12. 車クラクション鳴らない原因|ホーン鳴りっぱなしの修理代は? 2018/09/28更新
  13. パスポートコピーはどこのページ?海外旅行中は悪用・紛失に注意! 2018/09/28更新
  14. 車バッテリー上がり充電|アイドリングで充電できる?期間は? 2018/09/28更新
  15. 車バッテリー電圧低下の症状・対処|車電圧低下の原因と対策 2018/09/28更新

アーカイブ

これからアルバイト探し