しぼみ肌改善|保湿化粧品で肌がしぼむ原因を改善できる?

 [投稿日]2018/01/24[最終更新日]2019/01/11

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は8分で読めます

肌にハリがなくなってきたなと思ったら、
肌がしぼんできた気がする。。。

肌が痩せてきただけじゃなく、
肌のたるみも目立つようになってきた。。。

子供の肌はふっくらとぷりぷりとしているのに、
年齢が進むと肌が痩せる原因は肌の乾燥です。

肌がしぼんできた「しぼみ肌」は、
思い違いや勘違いでもなければ、
目の錯覚ではありません。

私たちの肌はちょうど水風船とよく似ていて、
水分を含めば含むほど肌がふっくら膨らむと同時に、
肌表面にツヤツヤとしたハリや艶が出るようになります。

子供の肌があんなにプルプル・ムチムチしているのは、
肌にしっかりと水分を蓄えることができているからです。

けれども、年齢が進めば進むほど、
老化の影響で肌の新陳代謝が遅くなり、
肌のハリ艶が悪くなってしまいます。

肌が持っている保湿効果(保水効果)もどんどん低下し、
肌に充分な水分をキープできなくなってしまいます。

ちょうど水風船からどんどん水を抜いていくように、
肌にたるみが見られるようになったり、
ハリが失われることで肌色もくすむようになります。

しぼみ肌を改善するためには、
肌の乾燥を食い止めるべく保湿が何よりも重要。

肌内部の水分が蒸発して
外部へ逃げてしまうのを防がなければいけません。

私たちの肌表面には
皮脂やセラミド(細胞間脂質)というのがあり、
「膜」のような働きをしています。

皮脂やセラミドが肌に膜を作ることによって、
外部の刺激から肌を守ってくれるバリア機能を発揮したり、
肌内部の水分が蒸発するのを阻止しています。

肌を保湿するというのは、
皮脂やセラミドの働きを補って、
肌の保湿力を強化することです。

そこでしぼみ肌改善におすすめなのが
100%天然成分のみで設計された保湿剤
肌潤糖です。

肌潤糖は砂糖(ビート糖)が主な原料となっていて、
砂糖には強力な保湿作用があるんです。

塩に水を含ませても塩水はサラサラとしていますが、
砂糖に適度な水分を加えると、ドロっとしますよね。

砂糖には水分を蓄える性質があるからで、
なおかつ、水分を含んだ砂糖は、
セラミドと似たような構造となります。

肌潤糖を肌になじませていくと、
素早く肌に浸透していきセラミドを補ってくれます。

肌のあちこちに発生しているセラミドの「隙間」
みたいなものを肌潤糖がどんどん埋めてくれるので、
肌内部に効果的に水分を蓄え、しぼみ肌を改善できるんです。

肌潤糖の口コミ

乾燥したシワに塗るとふっくらと潤います。ベタつきも気にならず使い心地よいです。

肌のトラブルもなく悩んでいた乾燥肌にも保湿ができてとてもうれしいです。

まだ何日間かの使用ですが、乾燥気味の肌がふっくらして来た気がします。

肌潤糖はもともと乾燥肌(アレルギー肌)による
アトピー改善を目的に作られた保湿剤なので、
肌に刺激の強い成分は一切使われていません。

※合成界面活性剤、防腐剤、保存料、着色料・合成香料・アルコールなど

主な成分である砂糖以外には
ココナッツオイル、ヘーゼルナッツ油などの
天然オイルが肌潤糖で使われています。

これらの天然オイル成分は、
砂糖が肌内部に浸透するのを助けるためのブースターという役割と、
皮脂を補う働きの2つの作用があります。

一般的な保湿化粧品・化粧水とは違って、
肌潤糖の保湿効果は長時間続くので、
朝使えば夕方くらいまで肌が潤い続けます。

肌が乾燥するダウンタイムを最小限に抑え、
肌の水分が失われるのを強力に阻止してくれます。

肌にセラミド成分が充実することで、
肌の肌理も整うようになり、
肌の明るさも取り戻せるといった効果も期待できます。

肌潤糖は今なら全額返金保証がついているし、
最大15%割引も適用してもらえるので、
お得に&安心して効果をお試しできます。
↓↓↓

しぼみ肌の原因!肌がしぼむ原因は肌の老化?

しぼみ肌の原因はなんなのかというと、
肌の乾燥です。

肌が乾燥する(肌内部の水分量が減る)ことで、
肌のふくらみがなくなり、
肌がしぼんだように感じるわけです。

肌のふくらみはちょうどバストのふくらみと、
似たような側面があります。

バストがふっくらとするのは、乳腺から分泌される
脂肪分がたくさん含まれているから。

それと同じように、肌の場合は水分が蓄えられることで、
風船を膨らませるように肌にプルプルとした質感が生まれるようになります。

肌がしぼむのは、
肌内部に水分を維持する力が
弱くなっていると考えられます。

いわゆる「肌の乾燥」と呼ばれる状態ですが、
なぜ肌が乾燥するのか?その原因を探っていくと、

  • 肌の乾燥の原因1 新陳代謝低下
  • 肌の乾燥の原因2 セラミド不足
  • 肌の乾燥の原因3 紫外線のダメージ(活性酸素による肌老化)

の3点が挙げられます。

肌の乾燥の原因1 新陳代謝低下

年齢と共に肌の新陳代謝(ターンオーバー)が低下するのは、
避けることはできません。

肌の生まれ変わりのスピードが遅くなり、
新しい皮膚が生成されるのに時間がかかります。

さらにコラーゲンやヒアルロン酸といった、
肌内部に水分を蓄えるために欠かせない
保湿成分の生成量も低下。

保湿力の下がった皮膚組織の割合が増えることで、
肌内部に蓄えられる水分の絶対量が、
どうしても少なくなってしまいます。

年齢によるしぼみ肌は自然に起きる現象なので、
完全に防ぐことはできません。

どうしても老化によるしぼみ肌を改善したいのであれば、
ヒアルロン酸注射をするなど、美容外科的な処置が必要になります。

肌の乾燥の原因2 セラミド不足

肌の老化によってコラーゲンやヒアルロン酸の生成量だけじゃなく、
セラミド(細胞間脂質)の生成量も落ちてしまいます。

セラミドとは肌表面の角質層にあり、
角質細胞をブロック同士の様に接着して揃える働きをしています。

セラミドが肌に充実することで肌理が整うようになり、
肌のバリア機能が強化されます。

肌理が整のった状態だと、光も規則正しく反射することができるため、
肌色も明るくなるというメリットもあります。

逆に言えば、肌色がくすんでしまう原因は、
実はセラミド不足が考えられるわけです。

さらにセラミドは細胞間脂質という名前の通り「脂質」です。

皮脂と共に肌表面に「油膜」のようなものを作ることで、
肌内部の水分が蒸発するのを防ぐ役割をしています。

セラミドが不足するということは、
肌の水分蒸発を防ぎきれなくなることを意味しています。

ただでさえ肌内部の水分量が落ちているというのに、
セラミド不足で肌の水分が奪われることによって、
しぼみ肌が悪化するようになります。

肌の乾燥の原因3 紫外線のダメージ(活性酸素による肌老化)

紫外線によるダメージもしぼみ肌の原因です。

ちょっとくらいの紫外線であれば、
肌のバリア機能でしっかりとダメージをカバーできます。

けれども弱い紫外線であっても
長時間にわたって浴び続けたり、
肌のバリア機能が低下していたら、
紫外線の影響は肌内部にまで及びます。

コラーゲンなどの保湿成分が破壊されたり、
肌の新陳代謝が妨げられるなど、
しぼみ肌を招く原因を増やしてしまいます。

もう少し正確に言うと、紫外線を浴びることで、
私たちの肌には活性酸素という物質が生成されてしまいます。

活性酸素は紫外線のダメージから守る働きをしているものの、
活性酸素の威力(酸化力)は非常に強力で、
正常な肌組織にまで悪影響を与えてしまいます。

紫外線を浴びると肌にメラニン色素が分泌されて日焼けするのも、
実は活性酸素から肌を守るためですし、
私たちの体が老化するのも活性酸素による酸化が最大の要因です。

代謝能力が高ければ、活性酸素を体の外にぐんぐん追い出して、
ダメージを和らげることができるものの、年齢が高くなればなるほど、
代謝能力は下がり、活性酸素の影響を受けやすくなります。

30代、40代になってきたら、
20代の頃に比べて、より念入りに
紫外線対策を考えるべきです。

しぼみ肌の改善方法 保湿が最重要

しぼみ肌を改善する対策方法については、
肌の乾燥を防ぐ保湿が何よりも大切です。

肌の保湿対策を含めて、
しぼみ肌改善のためにできることを上げていくと、

  • 保湿化粧水・化粧品を使う
  • 紫外線対策に気を付ける
  • 栄養バランス・生活習慣を見直す
  • 洗顔のし過ぎに気を付ける
  • 肌にセラミドを補う

といったものがあります。

保湿化粧水・化粧品を使う

肌を保湿すると言われて、真っ先に思いつくのは、
保湿成分の入った化粧品(化粧水・乳液など)
なんかを使う方法じゃないでしょうか。

コラーゲンやヒアルロン酸が不足しているなら、
化粧品で補おうとするのは合理的な発想です。

すごく理にかなっているように思えますが、
実際にはコラーゲンやヒアルロン酸は
肌の外から補うことはできません。

どちらも分子サイズが巨大なので
肌組織の隙間に入り込むことはできないからです。

コラーゲンやヒアルロン酸というのは、結局、
小さなアミノ酸が無数に結合してできたタンパク質の一種。

針の穴に米粒を通すことができないように、
コラーゲンやヒアルロン酸も肌の奥に浸透することはできません。

そもそも、美容成分の多くは、水に溶けやすく、
油にはじかれやすい性質を持つ水溶性です。

水性ペンのインクが肌についても、軽くこするだけで、
すぐにふき取れてしまうように、
肌の内側にはほとんど浸透することができません。

私たちの表面の皮脂やセラミドによって
美容成分の浸透は妨げられてしまうので、
しぼみ肌の抜本的な改善はできません。

紫外線対策に気を付ける

季節を問わずちょっとした外出であっても、
紫外線を浴びすぎないように気を付けることは
しぼみ肌改善では大切です。

紫外線のダメージを受けると、
その影響は肌にどんどん蓄積されてしまい、
キャンセルすることができません。

特に肌の深い部分にある繊維芽細胞が傷つけられると、
二度と復活することができなくなります。

繊維芽細胞がコラーゲンなどを生成しているので、
コラーゲン不足に拍車をかけることになります。

UVクリームを塗るようにしたり、
帽子をかぶるなど、外出時の紫外線対策に
気を付けましょう。

栄養バランス・生活習慣を見直す

私たちの肌組織は、コラーゲンだろうが角質だろうが、
全てタンパク質でできています。

そしてタンパク質は複数種類のアミノ酸によって
構成されています。

普段の食事でタンパク質(アミノ酸)が不足しがちだと、
肌の新陳代謝にブレーキをかけることになります。

タンパク質の多い食べ物、
たとえば大豆、肉、魚、乳製品を、
意識的に食べるようにしましょう。

さらに、アミノ酸からタンパク質を生成するには、
ビタミン、ミネラルも欠かせません。

しぼみ肌を改善するためには、

  • ビタミンA(新陳代謝促進)
  • ビタミンE(肌の抗酸化力アップ)
  • 亜鉛(皮膚組織の生成促進)

と意識して補うようにしましょう。

洗顔のし過ぎに気を付ける

洗顔のやり方が雑だったり乱暴だったりすることで、
肌をきれいにしているつもりが逆に肌を傷つけて、
肌の乾燥を悪化させてしまいます。

特に気を付けたいのが洗顔のし過ぎ。

皮脂を取り除きすると肌内部の水分が蒸発しやすくなります。

洗顔時間が1分くらいでも肌の汚れを十分に落とせます。

お湯の温度が高すぎると大量の皮脂が奪われがちなので、
ちょっと冷たく感じる程度のひと肌程度のぬるま湯にするのが良いですよ。

肌にセラミドを補う

私たちの体のおよそ60%は水分です。

わざわざ肌の外側から水分を補わなくても、
実は体の中にはたっぷりの水分が存在しています。

しぼみ肌を改善するために、
肌の保湿で大切なことは、

肌の水分をいかに逃がさずキープするか?
にかかっています。

そこでカギを握っているのがセラミドです。

セラミドは角質層の中で皮脂と同じように油膜を作り、
肌内部の水分が奪われるのを防いでくれています。

通常の美容成分とは違ってセラミドであれば、
肌の外側から直接補うことができます。

セラミド化粧品よりも肌潤糖がオススメ

セラミド化粧品を使うことで、
最も効果的に肌の乾燥を和らげ、
しぼみ肌を改善することができます。

私たちの肌にもっとも近い「ヒトセラミド」は、
その名の通り人間から抽出されたセラミドではあるものの、
非常に高価になります。

  • DECENCIA(ディセンシア) / エンリッチ ブースターセラム36ml・7,000円
  • アスタリフト / ジェリー アクアリスタ40g・9,000円 / 60g・12,000円
  • ONE BY KOSE / 薬用保湿美容液60ml・5,000円 / 120ml・8,500円

といった感じで、普段使いするには
ヒトセラミドを使った化粧品は向いていません。

そこでおすすめなのが
ヒトセラミドと似た構造をした保湿成分が配合された保湿剤を使うこと。

私たちの肌の中でセラミドは「ラメラ構造」という
特殊な構造をしているんですが、これと似た構造をしてなおかつ、
セラミドと似た性質を持っているのが砂糖なんです。

肌潤糖は主に砂糖を使った保湿剤で、
砂糖には水分を取り込む性質がありなおかつ、
水を含んだ砂糖はセラミドに似たラメラ構造をしています。

ちなみに、砂糖は天然の防腐剤として使われています。

果物を砂糖と一緒に煮詰めてジャムにすると
長期保存できるようになるのも、
果物に含まれる水分を砂糖が吸収することで、
雑菌が繁殖しにくい状態にしてくれるからです。

肌潤糖なら天然オイル成分(ココナッツオイル、
ゴマ油、ヒマワリ油、サフラワー油など)によって、
砂糖の肌への浸透力を強化。

角質層に砂糖成分をしっかりと定着させ、
長時間にわたって潤いをキープしてくれます。

肌だけじゃなく身体に悪影響のある成分は含まれていないので、
肌潤糖を飲んでしまっても何の問題もありません。

生まれたばかりでまだ肌がデリケートな赤ちゃんでも、
肌潤糖は安心して使えるほどです。

肌潤糖で肌のハリ・肌理も改善!

肌潤糖を使うとすぐに肌が潤うのを実感できます。

セラミドを補うことによって、
角質細胞を規則正しくそろえてくれる作用も期待できます。

セラミドは油膜として機能するだけじゃなく、
角質細胞同士を接着剤の様にくっつける働きもあります。

セラミドが充実するれ場するほど、
角質細胞がびっしりと隙間なく敷き詰められるので、
肌の肌理も整い、肌のバリア機能も強化されます。

肌の肌理も整うことで、肌にあたった光も、
規則正しく反射するようになります。

子供の肌があれだけ輝くような明るさをしているのは、
実は肌の肌理がすごく整っているからなんです。

肌潤糖を使うことで、
しぼみ肌を改善して肌がふっくらするだけじゃなく、
肌のくすみも改善して明るさも取り戻すことができますよ。

抗酸化作用でしぼみ肌を招く紫外線阻止!

肌潤糖には様々な植物オイル成分が配合されていますが、
その中の一つにココナッツオイルがあります。

植物オイルの働きで、砂糖成分が肌に浸透したり、
肌に定着するのを助けてくれるわけですが、
ココナッツオイルにはもう一つ、重要な役割があります。

それが活性酸素から肌を守ってくれる抗酸化作用です。
ココナッツオイルには、抗酸化作用に優れたビタミンEの一種
「トコトリエノール」がたっぷり含まれています。

紫外線によって保湿成分が破壊されてしぼみ肌になってしまうのも、
老化によって新陳代謝が衰えてしまうのも、結局は活性酸素が原因です。

ココナッツオイルによって活性酸素の有害な働きを抑えてくれるので、
しぼみ肌を効果的に改善してくれますよ。

肌潤糖のお得な購入方法

肌潤糖はアマゾンや楽天でも購入可能です。

直営店が出品しているので、
類似品や偽物が送られてくる心配もありません。

ただ肌潤糖をお得に購入するのであれば、
公式サイトを使うのがオススメです。

公式サイトでは最大15%の割引が適用される
定期購入が用意されていますし、
定期購入だと返金保証もついています。

つまり1袋目を使ってみて効果に納得できなければ、
無条件で返品に応じてくれるので、
安心してお試しすることが出来ますよ。
↓↓↓

肌潤糖の口コミ

しっとり感が長続きするような気がしてます。 薄くなった目元がふっくらとしてきたような感じです。

乾燥したシワに塗るとふっくらと潤います。ベタつきも気にならず使い心地よいです。

肌のトラブルもなく悩んでいた乾燥肌にも保湿ができてとてもうれしいです。

まだ何日間かの使用ですが、乾燥気味の肌がふっくらして来た気がします。

ごわついていたお肌が、すっと落ち着き、赤みも引いて、ふっくらしっとりツルツルに

関連記事

  1. washing-404481_640
  2. washing-powder-1500058_640

おすすめカテゴリー記事

最近更新した記事

  1. 花火大会にベビーカーはNG?ベビーカーのマナー問題 2019/03/22更新
  2. ホホバオイルの唇シミ消す方法|唇色素沈着をホホバオイルで消す! 2019/03/22更新
  3. 飛行機の消臭スプレー持ち込み|ファブリーズ機内持ち込みは? 2019/03/22更新
  4. 正座ダコの黒ずみケア|くるぶしの座りダコはワセリン?グリセリンカリ液? 2019/03/22更新
  5. ストッキングかかと破れる・薄くなる【伝線ストッキングのガサガサかかと対策】 2019/03/22更新
  6. 正座の膝黒ずみ|足の甲・膝の黒ずみ消すにはピューレパール 2019/03/22更新
  7. スライドドア異音対策はグリス?スライドドアの異音は修理交換が必要? 2019/03/22更新
  8. スライドドア途中で止まる|パワースライドドア開かない原因と対策 2019/03/22更新
  9. 車の床水浸し|浸水したら保険で修理?床水浸しの対処法は? 2019/03/22更新
  10. パワーウィンドウ故障|閉まらない・開かないパワーウィンドウ修理代 2019/03/22更新
  11. 車の雨漏り修理費用|サンルーフ雨漏り対策はコーキングで応急処置? 2019/03/22更新
  12. 産後の抜け毛の再発原因|頭皮かゆい産後の抜け毛は育毛剤で改善? 2019/03/22更新
  13. 妊娠線かゆい|産後のかゆい妊娠線を消すクリームは?ノコアは効く? 2019/03/22更新
  14. 産後悪夢ばかり見る|変な夢・嫌な夢ばかり見る産後ママの悪夢対策 2019/03/22更新
  15. バジルとトマトの寄せ植え相性は?シソ(大葉)、ミント、パセリは? 2019/03/20公開

アーカイブ

これからアルバイト探し