顔・鼻のテカリを抑える化粧水|化粧水で鼻のテカリ・毛穴浮き対策

あなたも下の中に思い当たることがあるんじゃないでしょうか?

  • 鼻のテカリがひどくて写真を見るのが辛い
  • 夏は洗顔してもすぐ皮脂でデロデロ・ギロギロになる
  • 脂性肌なのに乾燥するオイリー肌
  • ファンデーションを塗ると毛穴浮きしやすい
  • 自分に合う化粧水がわからない
  • 化粧水が肌に入らない

顔や鼻のテカリの原因と言えば、
大量の皮脂分泌です。

思春期で成長ホルモンの分泌が活発であれば、
ホルモンによって皮脂腺がガンガン刺激されているため、
鼻のテカリを抑えるには、こまめにふき取るしかありません。

肌質によっては皮脂腺の活動が他の人に比べて活発になってしまう
脂性肌が原因で鼻がテカリやすくなるものの、
脂性肌であっても隠れ乾燥肌(インナードライ肌)
になっていることもあるんです。

皮脂が分泌される目的は
肌のバリア機能強化と肌の保湿機能の主に2つです。

肌表面は皮脂でギトギトだったとしても、
肌内部が乾燥することで肌の保湿機能が誤作動を起こし、
「皮脂をもっと分泌して水分蒸発を防がなきゃ!」
と誤った命令が皮脂腺に出されてしまうんです。

鼻のテカリを改善するには脂性肌であっても、
肌の内部までしっかりと保湿することが大切なんです。

それともう一つ、皮脂の出口である毛穴を
しっかりと引き締めること。

ガバガバに毛穴が開いてしまうと、
毛穴から水分がドンドン蒸発して肌も乾燥しやすくなりますし、
皮脂も肌表面に浮き出して毛穴浮きしやすくなってしまうからです。

化粧水を使って鼻のテカリを抑えようと持ったら、
保湿作用ばかり気にするんじゃなくて、
毛穴を引き締める「収れん作用」のあるものを選ぶのが良いです。

保湿作用と毛穴収れん作用という
2つの効果を備えた化粧水にはいろんな種類がありますが、
このブログでおすすめしているのは、
ビーグレンのQuSomeローション化粧水です。

QuSomeローション化粧水には、
毛穴を引き締める「乳酸」が含まれているし、
余分な皮脂の分泌そのものを制御してくれるビタミンC誘導体を配合。

ビタミンC誘導体は肌の新陳代謝も促す作用があり、
ビーグレンなら独自のナノ技術によって、
美容成分を肌の奥まで届けることができます。

そのため、QuSomeローション化粧水の毛穴引き締め・保湿効果は
従来の化粧水とは比べ物にならない
17時間という長時間にわたって続きます。

ビーグレンのQuSomeローション化粧水の口コミ

QuSomeローション化粧水を使い始めてから肌の調子がよくなり、オイリー肌でしたがテカリが少なくなりました!

テカリは気にならなくなり肌荒れもしません。

すごいニキビ顔だったのですが、QuSomeローション化粧水を使い始めてから少しづつニキビが目立たなくなりました

ビーグレンのQuSomeローション化粧水を使い始めた当初は、
肌にピリピリとした感じがあるかもしれませんが、
肌に悪影響があるわけではありません。

弱酸性のビタミンC誘導体などが肌にしみ込むせいで、
肌にどうしても刺激を感じてしまうんです。

逆に言うと、ビタミンC誘導体が入っている化粧水でも、
肌に塗った時に何の刺激も感じないようであれば、
それは肌にまるでしみ込んでいない証拠。

そもそも、ビタミンC誘導体は浸透力が弱いので、
ビーグレンの様に浸透力を強化する加工をしていなければ、
いくら化粧水を肌に塗っても美容効果は期待できないんです。

ビーグレンのスキンケアシリーズは、
値段は決して安くはないんですが、
トライアルセットが用意されています。

それに365日全額返金保証がついていたり、
サポートデスクも用意されているので、
鼻のテカリを改善するためにトータル的な
スキンケアコンサルティングをしてもらえますよ。
↓↓↓

顔や鼻のテカリがひどい原因

鼻のテカリがひどくなってしまうのは、
どういった原因があるのかというと、

  • 鼻周辺は皮脂分泌が活発な場所
  • 洗顔のし過ぎで肌の乾燥が悪化
  • 新陳代謝低下による毛穴開き

といったものが挙げられます。

鼻周辺は皮脂分泌が活発な場所

毛穴の中には汗が出る「汗腺」のほか、
皮脂が分泌される「皮脂腺」というのも存在します。

皮脂腺の活動具合は部位によって異なり、
顔の中では鼻周辺が特に皮脂腺の活動が活発な場所。

さらに鼻の毛穴は他の部位に比べて深さもあるため、
皮脂がたくさんたまりやすい構造をしています。

皮脂分泌が多くさらに皮脂が詰まりやすいからこそ、
鼻のテカリだけじゃなく、イチゴ鼻になったり
鼻の毛穴開きといった肌トラブルも起きやすいんです。

鼻は皮脂が余分に分泌されやすい場所なので、
こまめに皮脂をふき取ることも大切。

ただ、次で説明をするとおり皮脂を取り過ぎることで、
逆に皮脂の分泌量を増やしてしまうこともあるんです。

洗顔のし過ぎで肌の乾燥が悪化

鼻のテカリを抑えるためには、
洗顔で余分な皮脂を取り除くのが基本中の基本。

朝起きたときには体内ホルモンの影響もあって、
皮脂で顔がベトベトしがちですよね。

朝洗顔で皮脂を取り除くのは、
あなたも習慣的に続けていると思いますが、
洗顔のし過ぎも鼻のテカリには良くありません。

念入りに洗顔をして皮脂を取りすぎると、
脂性肌であっても、肌表面が一時的に乾燥してしまいます。

すると、肌内部の水分が蒸発しやすくなり、
肌内部にまで乾燥が広がるようになります。

肌の自然な防御反応として、肌内部の水分蒸発を防ぐべく、
皮脂をもっと分泌させようと働いてしまい、
もともと皮脂分泌が活発だというのに、
更に皮脂の分泌量が増えて鼻のテカリ悪化につながります。

インナードライ肌と呼ばれる状態で、
皮脂が多くニキビができやすい肌質の人も、
肌内部で水分が不足しているインナードライ肌となっている人も多いです。

ちなみに年齢が進むにつれて肌の弾力がなくなるだけじゃなくて、
肌が痩せたような印象になってしまうのも、肌に蓄えられる水分量が低下してしまうからです。

関連ページ:しぼみ肌改善|保湿化粧品で肌がしぼむ原因を改善できる?

脂性肌なのに肌内部が乾燥することで、
ますます皮脂分泌が増えるという、
悪循環に陥ってしまうわけです。

日中に油取り紙で皮脂を取り除くにしても、
1度にたくさん使うんじゃなくて、
間隔をあけて頻度を多くするのが良いです。

参考サイト:インナードライ肌の原因と8つの対策&改善法 | オーガニック化粧品のピュアノーブル
乾燥しているのに皮脂過剰でお肌がテカテカ!それって、もしかしてインナードライ肌じゃないですか?このページでは、インナードライの原因と8つの対策&改善法について簡単にお話させて頂きます。

肌内部の乾燥は皮脂の過剰な分泌を促してしまうわけですが、
肌の乾燥でもっと怖いのは肌の老化・劣化を進めてしまうこと。

肌組織が必要とする水分量が不足した状態が続けば続くほど、
肌の健康状態がドンドン悪くなってしまいます。

まだ年齢が若ければダメージはいずれは解消できるかもしれませんが、
年齢が進むにつれて肌の乾燥による負担はじわじわと肌に蓄積されていき、
ニキビができなくなったと思ったら今度はシミやしわに悩まされがち。

特に冬の洗顔後、肌がつっぱるような感覚が日常的になっている場合、
重点的に肌の乾燥対策をしていくことをおすすめします。

関連ページ:肌劣化の原因改善|止まらない肌劣化防止にはビーグレン

新陳代謝低下による毛穴開き

肌が乾燥すると肌組織の活動力が低下し、
肌の新陳代謝が鈍くなります。

本来ならば剥がれるはずの皮膚(角質)が
なかなかはがれなくなって肌表面に蓄積。

角質肥厚(かくしつひこう)と呼ばれる状態になった結果、
毛穴開きを起こすようになり、それが鼻のテカリにつながってしまいます。

関連ページ:すっぴん毛穴が目立つ|毛穴だらけのすっぴんはビーグレンで改善

同じように肌表面の余分な皮脂だって、
角質が剥がれるのを邪魔してしまい、
毛穴開きを起こしやすくなる要因。

新陳代謝の低下による毛穴開きを改善するためにも、
肌をしっかり保湿することは欠かせません。

関連ページ:ホホバオイルで毛穴開きケア|毛穴の黒ずみに効果は?【ホホバオイル使い方】

テカリを抑える化粧下地・ファンデーション

皮脂が多くて鼻のテカリがひどいと、
ファンデーションを塗ったときに皮脂と混ざってしまい、
「毛穴落ち」とか「毛穴浮き」と呼ばれる化粧崩れが
起きることもありますよね。

こうした化粧崩れを起こさないためにも、
鼻のテカリを抑えるためにも、
化粧下地・ファンデーション選びも大切。

どんなタイプが良いのかというと、
最低限、オイルフリーを使うべきだし、
皮脂吸着成分が含まれているものが良いですね。

さらに保湿成分も含まれるものであれば完璧。

具体的に鼻のテカリを上手くカバーできる
化粧下地・ファンデーションを探してみたところ、

  • 化粧直しをしなくても1日過ごせた!という評判があるほど皮脂くずれ防止効果の高いソフィーナ プリマヴィスタ
  • 30mlでなと1000円を切る価格のプチプラで使える崩れにくいセザンヌ皮脂テカリ防止下地
  • ポンプ式で楽に使えるキス マットシフォンUVホワイトニングベース
  • 化学センサー機能搭載で皮脂があると固めて、化粧に悪影響が出るのを防いでくれるマキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV
  • 植物由来成分使用で肌にやさしい草花木果 化粧下地(テカリ知らず)
  • お湯で簡単に洗い流すことができる資生堂 フルメークウォッシャブルベース
  • ソフィーナ プリマヴィスタと同じくらい崩れにくいと評判のオルビス スムースマットベース
  • 激しく体を動かして汗もかくバレエダンサー御用達のチャコット HDエンリッチング O2ベース

などなどがありました。

ただ、このブログでおすすめなのは、
ミネラル100%のオンリーミネラルファンデーションです。

細かいミネラル粒子が皮脂と良くなじみ、
鼻のテカリを抑えてくれると同時に毛穴も目立たなくしてくれます。

オンリーミネラルファンデーションなら化粧ヨレも起こりにくく、
水でさっと洗い流すこともできるので
肌への負担もすごく軽くて済みます。

肌に刺激の強い成分はもちろん使われていないので、
敏感肌でニキビができやすい場合でも安心して使うことができます。

化粧下地・ファンデーションの上手な塗り方

化粧下地の量が多すぎると、
皮脂と混ざって化粧崩れの原因となってしまいがちです。

脂性肌は化粧下地・ファンデーションのつけすぎには十分に注意する必要があり、
手の甲にとりながら指で少しずつ伸ばしていくと良いです。

もしくはスポンジに水を含ませた状態でファンデーションを肌に塗っていくと
水分が蒸発する時に粉体が固まっていくれるので肌との密着度が上がり、
化粧崩れしにくくなります。

鼻のテカリの悪化を防ぐには?

鼻のテカリを悪化させないためには、
どんな対策ができるのかというと、

  • 栄養バランスを整える
  • 睡眠不足・ストレスに気を付ける
  • 水洗顔で鼻のテカリを抑えられるかも

といったものが挙げられます。

栄養バランスを整える

皮脂はどこからやってくるのかというと、
血液中に含まれる中性脂肪(コレステロール)です。

では中性脂肪はどこからやってくるのかというと、
主に食べ物にふくまれる糖質や脂質です。

甘いものを食べると皮脂が増えたり
ニキビができやすいのも糖質・脂質が
大量に含まれているからです。

たとえば、チョコレートやクッキーだと、
砂糖(ブドウ糖)がたくさん使われているだけじゃなく、
脂質たっぷりのバターや生クリームも多く使われているので、
皮脂分泌を増やしてしまいます。

逆に野菜の食べる量が少ないと、
肌の調子を整えるビタミンやミネラルが不足してしまいます。

脂質や糖質の取りすぎに気を付けて、
栄養バランスを整えるようにしましょう。

睡眠不足・ストレスに気を付ける

ストレスを感じると皮脂が増えます。

ストレスに対抗するために男性ホルモンの分泌量が増えるんですが、
男性ホルモンが皮脂腺を刺激するうえに、
毛穴開きしやすくなってしまうからです。

女性に比べて男性の方が皮脂分泌が多く、
鼻のテカリも起こりやすいのは男性ホルモンの働きによるもの。

ストレスをゼロにするのは難しいものがありますが、
ストレスをため込まないようにリラックスできる習慣や
趣味を持つことが大切。

睡眠不足も身体的なストレスとなって、
やはり皮脂分泌を促してしまいます。

それに肌の新陳代謝だって妨げてしまうので、
十分な睡眠時間を確保するように気を付けましょう。

水洗顔で鼻のテカリを抑えられるかも

洗顔のし過ぎを改善するために、
水洗顔を試してみるのも一つの手です。

水洗顔とは簡単に言うと、
洗顔フォームやせっけんを使わず、
水だけで洗顔をする方法。

洗顔フォームに含まれる化学成分によって肌がダメージを受けていて、
肌が乾燥しやすくなっている可能性もあるからです。

水洗顔についてはこちらでも詳しく解説していますが、
自分に合った最小限のスキンケア方法を見つけるのがゴールです。

関連ページ:水洗顔は化粧水つけると効果なし?つけないとニキビ悪化しない?

鼻のテカリを抑えるには保湿&毛穴引き締め

鼻のテカリを抑えるには

  • 栄養バランスを整える
  • 睡眠不足・ストレスに気を付ける
  • 水洗顔で鼻のテカリを抑えられるかも

といった点に気を付けてみるのも大切ですが、
やはり鼻のテカリの直接的な要因である

  • 肌の乾燥(インナードライ肌)の改善
  • 開いた毛穴を引き締める

ことも大切。

肌の持ってる力だけで
肌の乾燥を改善したり毛穴を引き締めるのは、
難しいものがあります。

時間をかければできなくはないものの、
その間にも皮脂の異常な分泌による
肌トラブルに悩まされがち。

それならば、化粧水を使い、できるだけ短期間のうちに、
鼻のテカリを抑えていくのが良いんじゃないでしょうか。

化粧水で鼻のテカリを抑えることはできるの?

化粧水で鼻のテカリを抑えられるのかというと、

  • 保湿
  • 毛穴引き締め

の2つの効果を備えているものを選べばOKです。

化粧水の中には毛穴を引き締める「収れん作用」
に特化したものもたくさんあります。

スキンケア会社によっては、
こうした毛穴収れん化粧水のことを

  • アストリンゼントローション
  • トーニングローション
  • コンディショニングローション
  • スキンコンディショナー

といったネーミングで販売していることも多いです。

実際に成分を見てみると、

  • タンニン酸
  • クエン酸
  • 乳酸

などの毛穴引締め効果のある美容成分が使われています。

代表的な毛穴収れん化粧水には、

  • エリクシールホワイト
  • オルビスクリア
  • アクアレーベル(ホワイトアップローション)
  • ちふれ(さっぱりタイプ)

などいろいろなものがありますが、
このブログでおすすめしているのは、
ビーグレンのQuSomeローション化粧水。

毛穴収れん作用のある乳酸のほか、
ビタミンC誘導体がテカリを防止してくれます。

ビタミンC誘導体には
皮脂分泌を抑える作用があるからです。

もちろん、皮脂の異常分泌の根本的な原因である
肌の乾燥を改善してくれる保湿作用もあるので、
QuSomeローション化粧水を使い続けることによって
鼻のテカリにくくしてくれますよ。

浸透力がきわめて強いのがビーグレンの特徴

ビタミンC誘導体といえば、様々な化粧水に使われているので、
決して目新しい美容成分ではありません。

不安定な成分なのですぐに分解して効果を失ったり、
肌に浸透する力が弱いというビタミンCの欠点を改善するために、
人工的に改良されたのがビタミンC誘導体です。

ビタミンCもビタミンC誘導体も弱酸性を示す物質なので、
肌にしっかり浸透した場合、肌が少しピリピリするような感覚を覚えるはずなんですが、
市販のビタミンC誘導体化粧水は、肌に塗っても、そんな感覚はありません。

ビタミンC誘導体は浸透力を強化しているとはいえ、
結局、肌のバリア層を突破して、肌内部に侵入することはできないからです。

ビーグレンはその点、QuSome技術という、
がん治療薬の開発にも使われている浸透技術が応用されています。

美容成分をナノサイズまで分解しつつ、特殊なカプセルに閉じ込めることで、
バリア層を通過し、肌内部にスムーズに侵入できるようになっています。

ビーグレンの口コミを見てみると、「肌がピりピルする!」という声が多くみられるのも、
美容成分が肌内部にしっかりと浸透している証拠です。

化粧水が肌に入らない!と感じている人もいますが、
実は化粧水が肌に浸透している感覚って、
エタノールの気化による錯覚の可能性が高いんです。

ビーグレンはその点、浸透技術を施しているので、
従来の化粧水とは明らかに肌に塗った時の感覚が異なりますよ。

関連ページ:化粧水が入らない|肌に化粧水が入っていかない・浸透しない原因とおすすめ化粧水

ビーグレンはトライアルセットがオススメ

ビーグレンのスキンケア用品は、
市販のモノに比べると安くはありません。

賢い使い方としては、鼻のテカリが十分に収まるまでは、
とりあえずビーグレンを使ってスキンケアをして、
肌の調子が戻り次第、コスパの良い市販品に切り替えること。

ただいきなりビーグレンの正規品を購入するのは、
お財布的に気が引けると思うので、
トライアルセットがオススメです。

  • 洗顔フォーム
  • 化粧水
  • 美容液

などが7日分のセットになっていて、
リーズナブルな価格でお試しできます。

ビーグレンなら365日の返金保証がついているし、
サポートデスクで肌の悩みは何でも相談できます。

QuSomeローション化粧水だけじゃなく、
自分に合った肌のお手入れ方法をアドバイスしてもらうと、
より効果的に鼻のテカリを抑えられるんじゃないでしょうか。
↓↓↓

QuSomeローション化粧水の口コミ

劇的な変化は今のところ感じないですが、変なテカリもないので冬の間つかってみたいと思います!