海外赴任前で英語話せない|英語できない子供向け英語勉強法は?

海外赴任が決まったものの、
子供は英語が話せない。。。

そんな時には、できるだけ早い段階で、
英会話を身につけさせてあげるべきです。

海外赴任先のインターナショナルスクールで、
自然に英会話を身に着けてくれると思ったら大間違いです。

家庭内でも積極的に英語を使って
コミュニケーションを取るなどの努力が必要になるし、
海外では英語が話せないという理由で
イジメを受けるケースもあるんです。

逆に、英語などの語学学習には「クリティカルエイジ」
というものが存在することがわかっています。

これは、ある年齢までは学習効果は非常に高いけれど、
ピークを過ぎると、学習能力が極端に落ちるという理論です。

英語の場合、おおむね12歳くらいが、
クリティカルエイジと言われています。

年齢が低ければ低いほど、
まだ頭が非常に柔らかいので、
大人よりもずっと短期間かつ少ない努力で、
英会話を身に着けることができるんです。

海外赴任までにまだ時間があるのであれば、
マンツーマンでレッスンをしてくれる英会話教室に行くのがオススメ。

もし時間があまり残されていないのであれば、
オンラインで受けられる英会話レッスンを受けさせるか、

日常英会話を身に着けることに特化した
英会話教材を使うのが良いですよ。

関連ページ:夫の単身赴任と保育園保育料|住民票は?海外赴任は?世帯分離すべき?

英会話学習を海外赴任後に始めるのは遅すぎる

英会話は確かに、
必要に迫られれば覚えられるものです。

極端に言えば、英単語を適当に並べるだけでも、
それなりに意思疎通ができてしまいますからね。

だからと言って、
子供に過剰な期待をするのは禁物です。

子供は確かに大人に比べて頭が柔らかく、
多言語を受け入れやすくなっているものの、
「英語を話せないストレス」は大人と同じように感じます。

つまり、英語に対して拒絶反応を感じ始めたら、
それがネックになって英会話習得を阻んでしまいます。

海外赴任先のインターナショナルスクールで、
いやでも英語を使うようになるから、
それで英語を覚えるだろうと思ったら大間違いです。

英語が話せず、コミュニケーションが取れないせいで
イジメに遭った日には、間違いなくコンプレックスとなります。

「海外には、日本みたいなイジメはない」という人もいますが、
イジメのやり方が陰湿ではなく、あからさまになるだけで、
海外でもイジメは存在します。

海外でイジメを受けた生徒たちが、
たびたび、凶悪事件を起こすのを、
あなたもニュースで見かけたことがあると思います。

海外赴任が控えているのなら、
日本にいる段階で、できるだけ子供の英会話力を
伸ばしておいてあげるべきです。

英語が話せない子供はいじられやすい

今や日本の「イジメ」は海外でもそのまま、
通じるようになってしまいました。

イジメは日本特有の問題で、
世界的には珍しいことだと思われがちですが、
実際には異なります。

東京大学がまとめた研究報告によれば、
アメリカでも「いじめ」は発生しているうえに、
発生率も日本より低いとは断言できないことが判明。

日本のような陰湿さはないものの、
「いじめ」への報復として学校での発砲事件が
起きているのがアメリカという国の現状。

「英語が話せない」という欠点は、
イジメの対象となりやすいのは
目に見えています。

やはり、海外赴任前の日本にいる段階で、
日常英会話力をできるだけ身につけさせてあげるべきです。

参考:東京大学ホーム
広報・情報公開 > 記者発表 > 研究成果発表一覧 > 『日本人は集団主義的』という通説は誤り

日本の学校の英語教育は不十分なうえにリスクも

日本では中学校から英語の授業が本格的に始まりますし、
子供が通っている小学校によっては、
TA(ティーチングアシスタント)が定期的にやってきて、
英語の授業をしてくれているかもしれませんね。

英語に触れる機会があるんだから、
案外、海外に行けばすんなりと話せるようになるんじゃないの?
なんて安易に考えていると、後で痛い目に合うことになります。

あなたも十分に経験していると思いますが、
学校英語はリーディング・ライティングスキルに
偏りすぎています。

英単語や文法などの知識は確かに豊富に見つけられるものの、
スピーキング・ヒアリングスキルは、
さっぱりといって良いほど身に着けることができません。

小学校の英語の授業は、
どちらかというと英会話が中心となっていますが、
せいぜい月に数回の頻度しかないうえに、
子供数十人に対してTAは一人。

こんな状態で、英会話力をまともに伸ばせるわけがありません。

子供にキチンとした英語力を身につけさせるには、
やはり専用のトレーニングを経験させてあげるべきです。

子供の英会話力は伸ばしやすい

子供の英語学習はいつ始めるのが良いのか?
という議論が活発に行われていて結論は出ていないものの、

子供の年齢が低ければ低いほど、
多言語を習得しやすいのは間違いありません。

実際に、日常的に多言語を扱う国では、
学校に通う前の子供でも母国語以外の言語を、
流暢に話せるようになっているものです。

特に、リスニング力に関しては、
子供のうちこそ鍛えやすい時期です。

大人とは違い、子供は聴覚器官が成長途中です。

だからこそ、大人には聞こえないけれど子供には聞こえる
モスキート音というのがあるわけです。

私たち大人は、モスキート音を聞いて育ってはいないので、
耳に入っても音と認識することができなくなっているわけです。

英語と日本語では発音の周波数領域が異なっています。

日本語よりも英語の方が音域が広くなっていて、
日本語に慣れ過ぎると、モスキート音が聞き取れないのと同じように、
英語の音域を理解するのが難しくなります。

耳がまだ日本語に慣れきってしまう前に、
英会話教育を始めたほうが、
より少ない労力かつ短期間で
英語は身につけやすいんです。

子供の英会話勉強法 時間がある場合

具体的に子供の英会話勉強法として、
どんな学習方法が良いのか?

まず、海外赴任までに時間がある場合には、
やはり英会話教室に通わせるのが良いです。

駅前留学のような格安のグループレッスンではなく、
マンツーマンで個別にレッスンしてもらえる英会話教室が良いです。

英会話の学習効果も、
頻度と密度を同時に上げることで
高くできます。

最近だと、親子で学べる英会話教室も増えているので、
パートナーの英語力に不安がある場合には、
子供と一緒にレッスンを受けてもらうのが良いですよ。

子供の英会話勉強法 時間がない場合

海外赴任までに時間がないというのであれば、
2つの選択肢があります。

オンライン英会話を受ける

今は、ネットを使ってどこでも手軽に
英会話のレッスンを受けられるようになってきました。

しかも料金の方も格安で、
月々数千円の負担で、
1日1回のレッスンが受け放題、
という英会話教室もあります。

人気の講師だとすぐに予約枠が埋まるのと、
英語を母国語にしているフィリピン人が講師をしている、
といったデメリットはあるものの、
英会話の経験値を高めるにはお勧めです。

英会話教材を活用する

子供のうちであれば、
英会話教材を使うだけでも、
英会話を身につけられる可能性は十分にあります。

たとえば、リスニング力を鍛えるためには、
リスニングパワーという教材がオススメ

リスニングパワーは、日本人の有名俳優の
ハリウッドデビューを陰で支えた
スコットペリーというプロの言語学者が監修。

リスニング力を1ヶ月で
身につけられるように設計されています。

さすがに1ヶ月で英会話発音を完ぺきに理解するのは難しいとは思いますが、
大人とは違って、子供は英語発音に対する拒絶感みたいなものはないので、
大人よりも確実に英語の発音を覚えやすいのは間違いありません。

日常英会話表現を覚えることに関しては、
九九感覚で英会話に必要な語彙・イディオムを暗記できる
7+Englishがオススメ。

公文の様に世界展開している学習教材の会社が、
日常英会話に特化して作成。

教材考案者が短期間のうちに、
膨大な英語知識を暗記したメソッドをベースに、
子供でも日常英会話の知識を楽に覚えられるように工夫されています。

英語ネイティブが日常的に使っているフレーズが紹介されているので、
どちらかというとコミュニケーションを重視した英会話教材です。

まとめ:海外赴任前の子供の英語勉強法

海外赴任までにまだ時間的に余裕があり、
英会話教室に通うことができれば、
マンツーマンレッスンしてもらうのが良いです。

ただ、マンツーマンレッスンとなると
費用は意外と高くなってしまうし、
何よりも時間がないという場合には、
手軽に受けられるオンライン英会話がオススメ。

子供によってはオンライン英会話を嫌がることもあるので、
その場合には、英会話教材をやらせるのが良いですよ。

ビズイングリッシュ評判|ビズイングリッシュvsオンライン英会話口コミ比較

日本人の英会話が話せない根本的な原因は、
学校英語に問題があると言えます。

学校の先生は確かに英検1級取得者もいますが、
大半は、外国人とまともに英会話なんてできないのが、
問題点を明らかにしているんじゃないでしょうか。

私たちは少なくとも中学高校を通じて、
数百時間もかけて英語の授業を受けた経験があり、
これは世界的に見ても群を抜く語学学習時間です。

けれども、肝心の英語の授業の中身はというと、
英会話習得とは程遠く、
テストで良い点数を取ることが目的となっています。

小難しい文法を理解したり、英単語をひたすら暗記することに、
多くの時間が費やされています。

英単語をたくさん覚えて語彙力を伸ばすことは、
英会話にもちろん大切なことですが、その弊害もあります。

中途半端にボキャブラリが増えることで持て余してしまい、
結果的に頭でっかちに考えてしまう癖が身につけてしまう点も、
日本人が英語を苦手にしてしまう原因の一つ。

そもそも、英語を母国語としているネイティブ同士の日常会話なんて、
驚くほど簡単な英単語と文法しか使っていないし、
あちこちに文法ミスもあるんです。

そんな適当な会話を、
学校で習った文法通りに正確に理解しようと思ったら、
頭の中が混乱するのは目に見えています。

英会話はもっともっとシンプルに考えて良いんです。

日本人に決定的に欠けているのは
知識を生かす経験が足りていないこと、
つまり英語を使って話す経験値が少ないことです。

英語ネイティブと実際に話をしてみることで、
どんな英単語、文法だとスムーズに伝わるのか?
肌で体験することが何よりも大切なんです。

ビズイングリッシュは実践を重視した
オンライン英会話レッスン。

専属講師によるマンツーマンの講義となっていて、
カリキュラムは生徒一人一人に合わせて作られるため、
ビズイングリッシュでは100人いれば100通りにやり方になります。

毎回のレッスン後にフィードバックとして宿題も出されるので、
ビズイングリッシュのレッスン以外でも自分で予習・復習しやすく、
英語に対して抱いた壁がどんどん低く感じるようになります。

今なら、いきなり契約をしなくても、
ビズイングリッシュは無料カウンセリングが用意されているので、
レッスンの進め方を詳しく確認できますよ。
↓↓↓

ビズイングリッシュがオススメの人

  • 学生時代から英語は苦手
  • 海外赴任前に英語を短期間で習得したい
  • 英会話の勉強が続かない
  • 海外旅行の乗り継ぎが不安
  • いざという時に英語が出てこない
  • 英語に拒絶反応を持っている
  • 外人をいると避けてしまう

英会話の苦手意識を克服するには?

日本に住んで暮らしていれば、
英語に触れる機会はほとんどないですよね。

目にしたり聞こえてくる英語と言えば、
そのほとんどがカタカナ英語や和製英語ばかり。

私たちは中学・高校を通じて英語授業を経験していて、
英語の文法知識や語彙力に関しては、
実は十分すぎるほど身に着けているんです。

実際に、大学受験ともなると
英語ネイティブですら舌を巻くほど、
非常に高度な英語の問題が出題されます。

ただ私たちが身に着けている知識の大半は、
「書き言葉」です。

自分の気持ちや意見を文章にする場合、
自分の手を離れて行ってしまうので、
正確性を重視しなければいけません。

学校の英語でもテストで1点でも多く取れるような、
勉強をさせられてきましたよね。

けれども英会話は「話し言葉」です。
「読み書き」と「聞く話す」は全く別物です。

日本語でも、話し言葉を文章化すると、
すごく違和感を感じてしまうように、
英語でも書き言葉と話し言葉はまるで違います。

英語ネイティブ同士の日常英会話なんて、
難しい英単語や文法なんて一切使いません。

その場の雰囲気や、それまでの文脈を踏まえて、

「あれ、まじヤバイよね。」

「だよね、クソわかるわ」

くらい雑だし、レベルも高くないんです。

そんなやり取りを文法通りに
ガチガチに理解しようと思ったら、
頭が混乱するのは目に見えていますよね?

逆に、私たちが教科書に出てくるような、
堅苦しい表現をしていたら、
相手はひどく違和感を感じると思いませんか?

日本人は学校英語でつまづいてしまったせいで、
そのせいで英語にコンプレックスを抱いてしまい、
それがさらに英語習得の足を引っ張っているケースも
多いです。

ただ実際には、英語圏に行けば、
学校でまともな教育を受けていないせいで、
英語で読み書きはできないものの、
コミュニケーションならできる、
という人はたくさんいます。

書き言葉を身に着けるよりも、
話し言葉である英会話を身に着けるのは、
実はずっとずっと難易度が低いんです。

私たちは幸いなことに、
英語知識だけは豊富に身に着けています。

つまり、今さら新しい知識を暗記するという手間が、
ほとんど必要ありません。

後は、知識の使い方を覚えるだけで良いんです。

頭の中にある英語と知識をどう生かせばよいのか?
実際の英会話の中で経験をしていけば、
英語が話せないほうがおかしな話です。

リスニングCDを使うデメリット

英会話ができるようになるためには、
リスニング能力が高いほうが有利なのは間違いありません。

そこで、通勤通学などの移動時間や空き時間を使って、
リスニングCDを聞き流すやり方もありますが、
まったくおすすめできません。

中途半端にリスニングCDを聞いてしまうと、
理解できる音・理解できない音が
はっきりと区別されてしまうからです。

繰り返し聞いていくうちに、理解できない部分が、
ブザーとかクラクションなどの自然音のようになってしまい、
言語として認識しにくくなってしまうからです。

リスニングCDを聞き流すのであれば、
少なくとも、ある程度は英会話が話せるようになってから、
の方が良いですよ。

カタカナ発音を先に矯正すべき?

日本人の英語は海外で伝わりにくいと言われます。

いわゆるカタカナ英語の悪影響ですが、
英語は今や世界のあちこちで使われています。

世界中の人たちとやり取りするとなると、
必ずしも正しい英会話発音ではなくて、
独特の訛りが存在するものなんです。

カタカナ英語だって、英語の訛りの一つ。

直したほうが良いのは間違いないんですが、
優先順位は実はそれほど高くはありません。

海外で本格的にビジネスを展開するとか、
海外に移住することを考えている場合を除いて、
カタカナ英語の発音矯正も、
優先順位はそれほど高くはありません。

ビズイングリッシュのメリット

ビズイングリッシュでは専属講師による
マンツーマンのオンライン英会話レッスンです。

グループレッスンの様に
1人あたりの賞味の話す時間が削られることもなく、
1回50分のレッスンを最初から最後まで、
ビズイングリッシュの講師を自分一人で独占できます。

ビズイングリッシュのカリキュラムは、
大きな流れは決まっているものの、
細部に関しては生徒一人一人の
進度・理解力に合わせて変わります。

現在の英語力や進捗状況などなどを踏まえて、
ビズイングリッシュ専属講師があなたに合わせた課題を用意してくれます。

英会話教室と言えば、講師の質が問題になることも多いんですが、
ビズイングリッシュの講師の採用率は、なんとたったの1%しかありません。

仮に100人を採用面接したとしても、
採用されるのは1人いるかいないかというほど、
厳選した講師のみが在籍しています。

これまでに400人以上の生徒を教えてきたとか、
語学教育の先生を3年間務めたといった、
キャリアを持った講師のみが、
ビズイングリッシュに在籍しています。

基本的に3か月かけて、
日常英会話を身に着けることがゴールになっていますが、
グループレッスンをする機会も設けられています。

主に自分の意見をプレゼンテーションすることが目的で、
ビジネスシーンで使える能力もビズイングリッシュで鍛えることができますよ。

逆に言うと、下手に安い英会話スクールには要注意です。

「駅前留学」などで有名な英会話スクールでは
格安の月謝で英会話レッスンを受けられたりするものの、
採用されている講師は、お小遣い稼ぎや片手間でやっている人がほとんどです。

日本に遊びに来て滞在費を稼ぐ目的だったり、
留学生がアルバイトでやっているケースが多く、
ただ英語を話せる人が採用されているだけだったりします。

ビズイングリッシュと格安の英会話スクールでは、
講師の質の違いは比べるまでもありません。

ビズイングリッシュの使い方

ビズイングリッシュのレッスン期間は3か月。

50分X12週(合計60回)、
毎月のレッスン時間は1000時間にも及びます。

オンラインレッスンなので、
自分の好きな時間帯に、
ビズイングリッシュのレッスン予約ができます。

どうしても都合が合わなくなってしまったときや、
体調が悪くてレッスンをお休みしたいときなど、
細かいことに関しては、ビズイングリッシュの無料カウンセリングで
確認することができますよ。

ビズイングリッシュを最安値で申し込むには?

オンライン英会話の月額レッスン料は、
ビズイングリッシュとは違い、5000円とか9000円の様に、
1万円を切るところも多いです。

その代わり、人件費の安いフィリピン人が講師となっていたり、
講師の人数が足りていなくて、好きな時にレッスンを受けられない、
というデメリットも目立ちます。

ビズイングリッシュはその点、
キチンとした教育を受けた専属講師が
3か月間つきっきりで面倒を見てくれるものの、
費用が割高となっています。

249000円となっているため、
家計的に苦しければ、
わざわざ申し込む必要はないでしょう。

ただ、83000円X3回の分割払もできますし、
何よりも返金保証もついています。

自分に合わないなと思ったら
お金を返してくれます。

ビズイングリッシュのレッスン内容や
講師の雰囲気などがちょっとでも気になるようなら、
とりあえず、無料カウンセリングを受けてみて、
自分に合うかどうか?など、疑問点や不安なことを
確認してみるのが良いんじゃないでしょうか。
↓↓↓

ビズイングリッシュの口コミ(随時更新)

難しかった英語って実はこんなに簡単だったんだ!ってことにビズイングリッシュで気づきました。

家内と行った海外旅行では簡単な日常会話なら英語で話せる自分に気付きました。

ビズイングリッシュのおかげで今まででは考えられなかったような仕事も頂けるようになりました。

ビズイングリッシュでレッスン後、通訳無しでも仕事を順調に進めることができました。